猫の話し

猫の舌の秘密!どうしてザラザラしてるの?猫は本当に猫舌?

投稿日:

猫の舌の秘密!どうしてザラザラしてるの?猫は本当に猫舌?まるでヤスリのようにザラザラした猫の舌は食事から毛繕いまで役立つので猫は道具のように巧みに舌を操ります。

舌の働きや食べ物の味の感じ方など猫の舌は人間の舌とは全く違います。

ここでは猫の舌にスポットを当てていきたいと思います。

猫の舌はどうなっている?

よくよく見ると凄く痛そうな猫の舌

よくよく見ると凄く痛そうな猫の舌


猫を飼っているとペロペロと腕や頬を舐められる事がよくあると思いますが、その時になにやらザラザラとしていて痛いと思う事はないでしょうか?

そのザラザラの正体は猫の舌の表面についている『糸状乳頭-しじょうにゅうとう』と呼ばれる細かい突起です。

この乳頭はひとつひとつが猫の喉の方へ向かって反り返っていて、猫は獲物を捕まえて食べる時に反り返った乳頭を上手く使って骨から肉を削ぎ落として食べます。

この乳頭は体を舐めて毛繕いする時にはブラシの役割を果たしますし毛に付いた余分なゴミを取り除くという役割も果たします。

猫にとって舌というのは味を感じる事よりも道具としての役割の方が大きいのが特徴です。

スポンサードリンク

突起は自由自在にコントロールしてる?

猫の舌に突起が付いているのはわかりましたが、この突起を自在にコントロールしている事をご存知ですか?

猫の毛はグルージングの時には毛を整えるブラシに早変わりしますが、この猫の舌のザラザラは子猫の時には少ししかなく、離乳のあたりから徐々に発達していきます。

このザラザラは舌に力を入れると逆立って、力を抜くと寝るというように自分で調節する事が出来るんです。

この乳頭というザラザラは舌の中央部分が一番大きくなっていて、まわりにいくにしたがって小さくなっていきます。

食事の時には肉を削ぎ落として、水を飲む時にはスプーンの役割を果たします。

舌でペロペロと水を飲む猫を見て『そんなんで飲めてるの?』と思う事もあると思いますが、実は真っ直ぐ水に付けた舌を口に戻せばたくさんの乳頭に水がついてくるので、それを飲んでいるんです。

自由自在にコントロールしている猫の舌ですが、時には舌のザラザラが災いする事もあります。

例えば怪我をした時に猫は怪我を舐めて治すのですが傷口が深い場合にはザラザラした舌でこする事になるので回復が遅れる事があります。

また、手術の後の縫合の糸を切ってしまう事もあります。

猫は味がわかっているの?

猫はどのように味を感じているのでしょうか?

嗅覚や聴覚はとても発達している猫ですが、味覚はどうなのでしょう。

実は猫はあまり味を感知していないと言われています。

その中でも一応感じやすい味の順番はあるようで以下の順に味を感じやすいうです。

①酸味
②苦味
③塩辛味
④甘味

という順に味を感じやすいようです。

酸味を最も感じやすい理由は野生時代の名残で肉食の猫は腐った肉を食べないように酸味を強く感じるようになっています。

腐った肉は酸味がするので、そんな傷んだ肉を間違って食べてしまわないうに自己防衛の一種とも言えます。

その反面猫の食欲がない時に餌にほんの少し酸味をつけるように酢を少し混ぜてあげると食が回復する事があります。

その一方で砂糖などの糖分の甘味というのは殆ど感じていません。

甘味はあまり感じないのですがタンパク質を構成する成分であるアミノ酸の甘さには反応して好むと言われています。

スポンサーリンク

猫って本当に猫舌なの?

熱いものを熱い内に食べられない事を猫舌と言いますが、猫舌という位なので猫はもちろん猫舌なんでしょうか?

これは猫は猫舌ですという答えになります。

というか猫に限らず動物は皆猫舌と言えます。

これは自然界には『ふーっふーっ』と冷まさなくては食べられない物が存在していないからです。

体温よりも高い温度の食べ物はないんです。

食べ物を焼いたり、煮たりと加熱して食べるのは人間だけです。

なので熱い物を食べるような舌にはなっていないので猫舌が当たり前なんですね。

私たち人間も食文化として熱いものや冷たい物を食べる事に慣れてきただけであって、元を辿れば猫舌です。

その証拠に小さい子供は熱い物を食べられませんし、熱い物を『ふーっふーっ』と冷ますという事をDNAはインプットしていないですよね。

食文化の中で時間をかけて熱い物を食べるという事に慣れていくんです。

猫が基本的に猫舌であるという事は事実なのですが、どうやら近年の猫は熱いものを平気で食べる猫もいるようです。

その傾向は特に野良猫にあらわれていて飢えを恐れる猫が厳しい生存競争の中で生きていく為には例え熱い食べ物でも呑気に冷めるのを待つなんて事はしていられないので熱いものでも素早く食べているようです。

熱いものでも盗めるものは一瞬で盗んでいきますし、もらえるものはもらって熱くても素早く胃に収めようとします。

もちろん最初は熱い食べ物という概念がないので驚いてしみうでしょうが、それが熱くても食べられると学習してしまえば、その熱い食べ物に対応していきます。

猫の舌まとめ

猫の舌はザラザラしている事はわかったと思いますが、猫自身も自分の舌のザラザラの攻撃力を理解しているので、飼い主を舐める時には加減して舌のザラザラを寝かせていると考えたら更に猫が愛おしく思えるのではないでしょうか?

といってもお肌の弱い人の場合は加減した猫のザラザラでも痛く感じるでしょが、そこは愛猫に免じて許してあげて下さい。

  • この記事を書いた人

D.yu-ya

猫や犬、生き物全般が好きで猫を飼っていました。 愛猫が他界した事で現在はペットを飼っていないのですが ブログという形でペットについて書いていきたいと思い このブログをスタートしました。 不定期更新ではありますが、よろしくお願いします。

-猫の話し

Copyright© ペット情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.