猫の話し

注意!猫に与えて良い食べ物と危険な食べ物!

投稿日:

注意!猫に与えて良い食べ物と危険な食べ物!猫はキャットフードの他にも私たち人間が食べる食べ物にも興味を示しますよね?

あまりにも興味を示すので、つい与えてしまいたくなったり、実際与えてしまっているなんて事もあると思います。

この時、なんでもかんでも与えてしまうと、中には猫の命に関わる事もあるので愛猫が口にするものの安全性は飼い主さんがシッカリと把握してあげたいものです。

猫に与えて良いものとダメなものって?

20161216_213031
猫はとにかく飼い主が食べるものに興味を示します。

食べ物だけでなく植物などを食べてしまう猫もいますので室内飼いだとしても猫が口にすると危険な物はシッカリと把握しておきましょう。

ここでは○△Xで危険度を示していきたいとおもいます。

○=少量な与えて大丈夫
△=与える時は注意が必要
X=与えると危険!

という分類をしていきたいと思います。

愛猫ちゃんが健康に暮らしていけるように食べ物には注意してあげてください。

注意が必要?『カツオ』

【○】与えるなら少量にしましょう。

カツオは猫に与えても大丈夫なのですが与えすぎると肝臓に炎症が起こる可能性があります。
たいうのもカツオはエネルギーを生み出すナイアシンというものを多く含んでいるので与えすぎると肝臓に炎症が起こる黄色脂肪症になる恐れがあるので与えても一切れ程度にしておきましょう。

注意が必要?『イチゴ』

20161216_212937
【○】与えるなら少量にしましょう。

イチゴは食物繊維が多く含まれているので猫の便通を促す作用があって腸内環境を整えてくれるのですが与えすぎると逆に下痢を引き起こす事があります。

猫にイチゴを与える場合は、ひとかけらにすると安心です。

注意が必要?『しらす』

【△】与えるなら少量にしましょう。

しらすに限らず魚というのはミネラルを多く含んでいるので生物や釜揚げしたものなら、ひとつまみ与える位なら問題はありません。

乾物の場合はミネラルが凝縮されているので結石が出来やすくなるので特にオシッコの病気をしている猫には与えない方が良いです。

注意が必要?『タケノコ』

【△】与えるなら少量にしましょう。

タケノコは、しらすと同様に結石の元となるミネラルが豊富なので、出来ればあまり与えてほしくない物になります。

基本的には与えない方が良いのですが、与えるなら極少量にしましょう。

注意が必要?『そら豆』

【△】与えるなら少量にしましょう。

そら豆はあまり知られていないのですが、実はミネラルが豊富に含まれています。
与えすぎると猫の腎臓に負担を掛けてしまうので基本的には与えたくない食べ物です。

もし与えるならば少量にしましょう。

スポンサードリンク

注意が必要?『あさり』

20161216_212951
【X】毒性が強いので与えてはダメ!

あさりは猫に中毒症状を引き起こす毒素が蓄積しているので絶対に与えないようにしましょう。
この毒素は加熱してもなくならないので絶対に与えてはダメです。

注意が必要?『菜の花』

【△】与えるなら少量にしましょう。

菜の花を茹でただけのものなら少量なら与えても大丈夫です。
ただ、味付けしたものや、ドレッシングなどをかけたものは猫には刺激が強いですし内蔵障害の危険性があるので与えてはダメです。

注意が必要?『鮭』

【○】与えるなら少量にしましょう。

鮭は猫の体にも良い良質なタンパク質と脂肪を含んでいるので与えても大丈夫です。
とは言っても塩を振ったり塩分が多い鮭は腎臓に負担を掛けるのでNGです。

猫に与える場合は味付けをしていない鮭を茹でたものにしましょう。

注意が必要?『にぼし』

【△】与えるなら少量にしましょう。

ダシを取った後のにぼしを猫に与えるという人もいますが、基本的には与えない方が良いです。

というのも、にぼしはダシを取ると塩分は抜けるのですが結石の原因となるリンやマグネシウムの量たいうのは変わりません。

なので、なるばく与えなあ方が良いですし、与えるとしても毎日はダメ。

週1程度に少量にしましょう。

注意が必要?『ツナ缶』

【X】内蔵に負担をかけるのでダメ!

ツナ缶はなんだか猫のウェットフードみたいなので、つい与えてしまいがちにのですが、ダメです。

ツナ缶は調味料や食品添加物が入っている加工製品で、塩分や脂分が多く愛猫の内蔵に負担を掛けてしまうので与えるのはやめましょう。

注意が必要?『カニカマ』

20161216_213006
【△】内蔵に負担をかけるので注意

食卓にカニカマがあると、つい与えてしまうと思いますが、カニカマはツナ缶と同じく食品添加物や調味料などが使われているので内蔵に良いものとは言えません。

与えるにしてもほんの少量にして下さい。

注意が必要?『トウモロコシ』

【△】エネルギーが高いので太りやすいので注意

トウモロコシは皮が硬いので消化に悪い食べ物ですし、エネルギーも高いので、太り気味の猫にほ控えた方が良いでしょう。

注意が必要?『牛乳』

【△】下痢になる可能性も!

猫、特に子猫=牛乳というイメージもあると思いますが、牛乳は猫が分解する事が出来ない乳糖が多く含まれているので与えると下痢になる場合があります。

与えるにしても1日50ミリリットル程度にしておいた方が良いです。

牛乳はカルシウムも多いので尿石症の原因になるので与えすぎはNGです。

注意が必要?『チーズ』

【○】たんぱく質の消化が良い

チーズは、たくさんの種類がありますが、中でもカッテージチーズは消化に良いたんぱく質が含まれていますし、他のチーズに比べて塩分が少なめなので与えても大丈夫です。

ただ与えすぎは良くないので与えるなら、ひとつまみていどにしておきましょう。

スポンサーリンク

注意が必要?『ヨーグルト』

【○】無糖なら体に良いです

ヨーグルトは基本的に乳酸菌が腸内環境を整えてくれますし、無糖なら体にも良いです。
牛乳のように与えすぎると下痢を起こす事もありますので小さじ2杯程度なら与えても良いです。

注意が必要?『ドッグフード』

【X】心筋症の恐れあり!

見た目はキャットフードと似ているドッグフードですが猫は犬とは必要な栄養素が違うので与え続けると栄養が変に偏って心筋症を引き起こす可能性が高まります。

猫には絶対に与えてはいけない食べ物!

私たち人間が食べる食べ物の中には猫が食べると命に関わるものがあったり、ほんの少しでも口にすると中毒症状を引き起こす食べ物があります。

これから書く食べ物は絶対に猫には与えないようにしてください。

超危険!『カカオ』

【X】カカオは命に関わる成分がある!

チョコレートやココアなどの原料であるカカオにはテオブロミンという中毒を引き起こす成分が含まれています。
猫が口にすると下痢や嘔吐、痙攣などの症状があらわれ摂取量が多いなど最悪の場合は命に関わるりますので絶対に与えないようにしてください。

超危険!『コーヒー』

【X】カフェインの成分は中毒を起こすことも!

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインは中毒を引き起こす成分が含まれているので与えてはいけません。
特に茶葉自体は液体のお茶よりも成分が濃いので危険!

超危険!『ネギ類』

【X】赤血球が破壊される!!

ネギ類は猫の赤血球を破壊する成分が含まれているので重度の血尿や貧血を引き起こします。
タマネギや長ネギ、ニラなどは絶対に与えないで!

超危険!『甲殻類・貝類等』

【X】毒素が危険!

エビなどの甲殻類やアワビなどの貝類、イカやタコは猫にとって有害な毒素を蓄積しているので、その毒素が猫の体内に入ると毒素が増して嘔吐や痙攣を引き起こします。

超危険!『アルコール』

【X】脳や体の細胞が破壊される!

アルコールは猫の体内に入ると血液中に吸収されて脳や体の細胞が破壊されます。
そのため猫は嘔吐や激しい下痢を起こし、更に異常行動が見られるようになります。
かなりの確率で命に関わる問題となるので絶対与えないでください。

猫の危険な食べ物まとめ

猫は人が食べている物に興味を示してニオイを嗅ぎに来ますが、猫に与えてはいけない危険な食べ物はニオイも嗅がせないようにしてください。

特に子猫のうちは好奇心旺盛なので要注意です。

食べたがっている猫に与えないというのは可哀想と考えてしまう事もあるでしょうけど、逆になんでも与えてしまう方が猫にとって可哀想な結末を迎えてしまう可能性がたかいです。

猫の事を思うなら心を鬼にして無視して下さい。

  • この記事を書いた人

D.yu-ya

猫や犬、生き物全般が好きで猫を飼っていました。 愛猫が他界した事で現在はペットを飼っていないのですが ブログという形でペットについて書いていきたいと思い このブログをスタートしました。 不定期更新ではありますが、よろしくお願いします。

-猫の話し

Copyright© ペット情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.