猫の話し

猫のかまってサイン!可愛いサインに困ったサイン!

投稿日:

猫のかまってサイン!可愛いサインに困ったサイン!猫は飼い主さんにかまって欲しい時には実に様々な方法を使って飼い主さんの気を引こうとします。

すぐに応えて欲しい時は強めのかまってサインを出しますし、気まぐれな猫は少しだけ構って欲しい時には、やんわりとアピールしてかまってサインを出します。

そして自分の存在に気付いて欲しいという時には控えめにかまってサインを出してアピールしているんです。

猫のかまってサインの意味と、そのサインを猫が出した時にはどう構ってあげるのが良いのかをまとめていきたいと思います。

猫のかまってサインは安心したいから

20161222_231703
猫が飼い主に対して見せるかまってサインは飼い猫には良く見られる行動です。

ですが、実際に猫が見せるかまってサインというのは猫の性格によってアピール度というのはバラバラです。

人間にもいろんな性格があるように猫にもいろんな性格があるので当然です。

また飼い主さんと猫の築いて来た関係性によっても、かまってサインの出し方は変わります。

例えば普段から飼い主さんにベッタリな猫の場合は飼い主さんが何か他の物に集中すると不安になって強めのかまってサインを出しやすいです。

猫のかまってサインには猫の気持ちが素直にあらわれるので上手く猫のかまってサインに応えてあげる事で絆はより深まるでしょう。

そでは猫が良く見せるかまってサインをご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

よく見られるサイン①遊びに誘ってくる

猫が飼い主さんを遊びに誘う時というのは様々なサインを出しています。

猫のお気に入りの玩具を咥えてきて飼い主さんの目の前でポトッと落としたり、猫が自分から近寄ってきてお腹を見せて寝転がるとか、歩いている飼い主の足にわざと絡みついてくるなどのサインを見せます。

寝転がってお腹を見せる時は、たまに前足で『おいで、おいで』というような仕草を見せる事もあります。

また飼い主が来るまで鳴いて呼び続けるという場合もありますし、甘えん坊な猫は飼い主さんに近づいてきて抱っこをせがむ事もあるでしょう。

こういうサインを猫が見せた時は可能ならば、すぐに猫の相手をしてあげて下さい。

これらのサインは猫が遊んで欲しいとか飼い主さんにかまってほしいという気持ちをストレートにぶつけている行動なので応えてあげないと猫が不安や欲求不満になる事もありますので飼い主さんがかまってあげる余裕がある時なら是非かまってあげて下さい。

よく見られるサイン②体をスリスリ

猫が飼い主さんの体に自分の体をスリスリとこすりつける行動は飼い主さんが帰宅した時に見られます。

特に猫が長時間お留守番をしていた時というのはスリスリスリスリしつこいくらい体をこすりつけてくるでしょう。

20161223_015347
こんな感じでスリスリ・・スリスリ・・

額をスリスリしたり、頬をスリスリしたり、首から背中にかけてスリスリ・・・

もっと飼い主さんに注目して欲しいときは飼い主さんに存在をアピールしてからスリスリする事もあります。

猫がスリスリしてきた時は猫の顔周りなどを少し強めに撫でてあげると猫は安心します。

猫が体をスリスリする行動は自分のニオイを飼い主さんに付けて安心したいという欲求のあらわれなので、少し強めに撫でてあげると猫はとても喜びますよ。

良く見せるサイン③飼い主の邪魔をする

20161223_020454
飼い主さんが新聞や雑誌、パソコンなどに集中している時に猫はかまってほしくて飼い主の邪魔をしにきます。

パソコンをしていたらキーボードの上に来てチョコンと座ったり、寝ころんだり。

こんな時は猫に声をかけるなどしてあげると喜びますよ。

良く見せるサイン④じっと見つめる

20161223_094850
飼い主さんが猫から離れた場所にいて何かをしている時に近寄ってきて飼い主の近くで見上げる仕草もよく見せます。

チョコンと座って見上げたり、飼い主の正面にきてじっと見つめる場合もあります。

飼い主と目を合わせたまま目を細めていく事もあります。

この目を細めたり目を閉じる仕草というのは安心の証拠です。

少し引っ込み思案な猫だと、このように
20161223_094923
物陰から熱視線を送ってきている事もあります。

この物陰かり熱視線を投げかける猫は、飼い主さんにベッタリな猫よりもシャイな猫に多く見られるので、この熱視線に気付いたら、猫を見ながら声を掛けてあげると安心します。

このシャイなタイプの猫はかまってあげようと近付くと逃げていく事もあるので、猫の熱視線を感じたら近付くよりも目を見て優しく話し掛けてあげる方が良いでしょう。

スポンサーリンク

良く見せるサイン⑤悪戯や攻撃

20161223_094910
猫のかまってサインは時には飼い主さんを困らせてしまうような行動の時もあります。

飼い主さんの気を引こうと思ってテーブルや棚からワザと物を落として飼い主さんの様子をじっと伺ったり、突然噛んだりひっかいたりします。
20161223_100802
これらの行動は飼い主さんの気を引こうととしているのですが、飼い主さんがこの行動に困っているなら絶対に反応してはいけません。

この行動に対して叱るというのは猫によっては『かまってもらえた』と解釈して記憶してしまうので、結果的に猫の悪戯行動を助長してしまう事になるんです。

してほしくないサインには応えないで『これをしてもかまってもらえないんだ』と覚えさせるようにしましょう。

猫のかまってサインの疑問

20161222_231718
猫が様々なかまってサインを出している事はお伝えしましたが、猫のかまってサインに対する疑問はありませんか?

ここでは3つの猫のかまってサインに対する疑問を見てみたいと思います。

Q,猫は年齢によってサインは変化するの?

A,猫は年齢が進むにつれて特定のサインしか見せなくなります。

猫は若いほど、飼い主さんにかまってもらおうと、あの手この手で色んな事を試します。

そしてどのサインが一番飼い主さんの気を引けるのか有効性を学習していきます。

逆に年齢を重ねた猫は経験をもとに飼い主さんに一番有効なサインを覚えているので有効なサインだけを飼い主さんに見せるようになります。

Q,野良猫もかまってサインを人に見せる?

A,野良猫は基本的に人にかまってサインは見せない場合が多い

猫のかまってサインは飼い主さんにかまってもらうという飼い猫特有の行動です。

野良猫は基本的に単独で暮らしていて人に慣れていないので、かまってサインを人に見せるというのほ稀でしょう。

ただ、時に野良猫がにゃーにゃー鳴いて人に何かを求めてくる事があり、実際に私はこのような経験をしました。

私は雪国に住んでいるのですが、真冬のある日に知人が住む団地へ遊びに行った事があります。

その日はとても冷え込んでいて夜の20時頃で気温は氷点下10℃近くまで低下していました

友人が住む団地はいわゆる市営住宅で到着すると白く薄汚れた猫がにゃーにゃー鳴いていたんです。

たまたま団地に来た私の姿を見ると猫は更に大きな声でにゃーにゃー!と鳴きながら近付いて来ました。

私は団地へ入ろうと共有スペースのドアを開けました。

どこの団地でもそうだと思いますが集合ポストがある共用スペース部分があって猫もにゃーにゃー鳴きながら一緒に共用スペースへ侵入してきました。

20161223_104200

共用スペースで私を見ながら鳴き続ける猫、そこへ団地の住人が降りてきたのですが次はその人の足にまとわりつきながら鳴き続けています。

その人も私も困っていたのですが、どうする事も出来ずに私は友人宅へ向かいました。

数時間遊んだのに日付も変わろうかという頃に私は帰宅する事にしました。

共用スペースへ降りてみると、あの猫はいません。

車へ向かおうと外を歩き始めると『にゃーにゃー!』と鳴きながら猫が近付いて来ます。

ここで私は猫を保護しました。

すでに家には猫が居たのですが、一時的に連れて帰り結果的にその猫は里親が見つかり現在に至ります。

長くなりましたがこのように究極の状態では野良猫も人にかまってサインを発する事があるようです。
(助けてサインかもしれません)

もちろん、この猫が純粋な野良猫かは不明で、もしかしたら過去に人に飼われていたのかもしれません。

Q,家の猫はかまってサインを出さないです。

A,引っ込み思案タイプで気付きにくいサインを発しているのかも

猫の中にも個人差があって性格も様々です。

かまってサインをあまり見せない猫も居るでしょうが、よく観察すると密かにかまってサインを発している場合が多いです。

例えば飼い主さんに背を向けて座っていた猫がチラチラと飼い主さんの方へ振り向くというのも一種のかまってサインだったりします。

猫のかまってサインまとめ

猫のかまってサインは多彩で可愛らしいものが多いですが、もしも困ったサインをしてくる場合は絶対に反応しないのが鉄則です。

そんな猫には普段から遊ぶ時間を増やしてあげるというのが効果的で寂しさからの困ったサイン行動を抑える事が出来ます。

ただし、遊んであげる時は困ったサインを出していない時にしましょう。

困ったサインに反応して遊んであげてしまうと困ったサインはエスカレートしていってしまいます。

  • この記事を書いた人

D.yu-ya

猫や犬、生き物全般が好きで猫を飼っていました。 愛猫が他界した事で現在はペットを飼っていないのですが ブログという形でペットについて書いていきたいと思い このブログをスタートしました。 不定期更新ではありますが、よろしくお願いします。

-猫の話し

Copyright© ペット情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.