猫の話し

猫の肉球の秘密!病気も発見できる?

投稿日:

猫の肉球の秘密!病気も発見できる?ぷにぷにしていて、ツヤツヤしていて何だか見てるだけでホッコリしてしまう愛くるしい猫の肉球。

なんとなく見ていて可愛い、触って気持ちいいという程度で深く肉球について考える事というのはないでしょうが、検索でこの記事に辿り着いて来たアナタは相当な肉球フェチなのでしょう。

猫の肉球には猫の身体能力を支える大切な役割があります。

そして意外にも猫の肉球はとても機能的なんですね。

ここでは猫の肉球にフォーカスして詳しく掘り下げていきたいと思います。

猫の肉球の基本知識!

20160722_224826
肉球と言ってもそれぞれに名前がある事を意外と知りません。

猫の肉球を改めてじっくり観察してみると前足には指が5本あって、後ろ足に指は4本あって、それぞれの指に肉球があるのがわかると思います。

この指にある肉球は前足は指球(しきゅう)と呼び、後ろ足は趾球(しきゅう)と呼びます。

呼び方は同じ『しきゅう』なんですけど、字が違うんですね。

そして前足の中間にある一番大きな肉球が掌球(しょうきゅう)で後ろ足の一番大きな肉球を足底球(そくていきゅう)と呼びます。

また、前足だけに存在する足の付け根部分の肉球は手根球(しゅこんきゅう)と呼びます。

肉球のぷにぷにの正体は“脂肪”

可愛らしい肉球のぷにぷにとした感触の正体は脂肪と弾性繊維(だんせいせんい)で出来た組織なんです。

これは僕たちの手のひらや足の裏のぷにぷにした部分と同じ組織で出来ているんです。

肉球部分というのは、そこだけ皮膚が厚く出来ていて、猫の肉球部分の皮膚の厚さは1ミリほどあります。

肉球以外の皮膚の厚さが0.02~0.04ミリな事を考えると肉球部分というのはとても厚い皮膚で覆われている事がわかると思います。

この肉球の厚い皮膚は摩耗(まもう)しにくい構造になっていて仮に摩耗してしまったとしても、すぐに新しい細胞が出来るようになっています。

ただ、激しい外傷にって肉球をごっそり失ってしまった場合は再生はしません。

肉球がぷにぷにと言っていますが、最近の猫の肉球は硬くなっている事が多くなっています。

アスファルトの道路がほとんどになっているので肉球が硬くなる猫が急増しているんですね。

アナタの猫はどうですか?

スポンサードリンク

爪を出すなら肉球を押すと簡単!

猫の爪の仕組みは指の骨の先端についていて、その上下にある腱でつなぎ止められてます。
20160723_102119
上側の腱がピンと張った状態の時は爪が出て、逆に腱が緩んでいる時は爪が引っ込んだ状態になります。

この腱は肉球を圧迫する事で伸ばす事が出来るので肉球部分を上下から挟んで軽く力を入れるだけで爪が出た状態を作る事が出来ます。

猫は肉球にしか汗をかかない!

人間は汗をかく時は全身から汗が出ますが、それは体中に汗腺があるからです。

ところが猫の汗腺というのは肉球にしか存在しません。

という事は猫は肉球にしか汗をかかないという事になります。

肉球に汗をかくと言っても、ここでも人間の汗とは違った仕組みになっているんです。

人間が汗をかく時というのは暑い時や緊張した時に出る冷や汗ですが、猫は暑い時に汗をかく事が出来ません。

肉球から出る汗というのは緊張した時の冷や汗のみなんですね。

僕たち人間も緊張した時は手に汗握をかきますが、人間の祖先と言われる猿も木登りに集中する時は足に汗をかいて滑り止めの役割を果たしているんです。

猫も猿と同じように敵から逃げる時など緊張状態で木に登る時などには肉球に汗をかき滑り止めの役割を果たしているんです。

それでは暑い時はどうするのか?と言うと猫は本能的に涼しい場所を探して体を伸ばして寝転がり表面積を増やして少しでも熱が発散しやすいようにします。

それでも体にこもった熱の放出が間に合わない時は犬のように口を開けて舌を出しはハァハァと呼吸をします。

この呼吸方法をパンチング呼吸と言い、暖かい空気を吐き出す事で熱を放出するんです。

ただ、猫はあまりパンチング呼吸はしないので、もし猫がパンチング呼吸をしている場合は緊急性の高い非常事態と考えて下さい。

肉球は足音を消す消音器!

猫の忍び足
猫の肉球の感触の良さは反則です。ついしつこく触って猫に嫌がられた経験がある人もいると思いますが、この肉球は狩りをする上でとても重要な役割を果たしているんです。

猫の肉球の最大の特徴としては音を出す事なく歩ける事です。

猫の狩りは獲物を待ち伏せしてから忍び寄ってチャンスが来たら一気に飛びかかって仕留めるというのが必勝パターンです。

という事は自分の攻撃射程圏内に獲物を入れなければ狩りの成功率は下がります。

いかに音もなくターゲットに忍び寄っていけるかが重要なんですね。

また、猫の肉球は皮膚の内側に神経があるのでとても敏感で、足場が悪い場所でも役立ちます。

歩いているだけで、今自分がどんな場所を歩いているのかという状況を素早く判断する事が出来るんです。

そして柔らかい猫の肉球は高所から飛び降りた時に衝撃を吸収してくれる役割も持っているので負傷を予防する事が出来る優れものなんです。

肉球はニオイ付けのスタンプ?

20160723_160955
猫は自分のニオイをテリトリーのあちこちに付ける習性があって、自分のニオイは頬や耳の後ろなどにあ 臭腺から出ているんですが、実は足の指の間にも臭腺があるんです。

猫は飼い主や家具などに顔をこすりつけてニオイを付ける事で安心する特徴があって、このニオイの分泌物は肉球から出た汗にも混じっているので自分の縄ばかりを歩き回る事でもニオイ付けが出来ているんです。

猫の肉球はとってもデリケート?

外にも出ている外猫の場合、雨の日などに帰ってくると足が泥まみれになっている事もありますよね?

家に入る所に濡れた雑巾を置いておいても猫は飛び越えてしまいます。

猫は元々水に濡れるのが嫌いですので当然と言えば当然です。

特に肉球ほデリケートなので、猫を捕まえて足をふこうとしても大暴れして逃げられるという事が殆どではないでしょうか?

猫の足を上手くふける方法で有効なのがぬるま湯で絞った雑巾を使う事です。

猫は冷たい雑巾は激しく拒絶するのですが、人肌程度の温かい雑巾なら拒絶しない場合がほとんどです。

とは言っても帰って来た猫を必死に捕まえようとすると猫は逃げるだけなので、帰って来た猫にさりげなく近付いてササっと手早く温い雑巾でふくしかないです。

なれてきたら、きっと猫も大人しく足をふかせてかれるはずです。

猫の肉球を触って病気がわかる?

猫の肉球は様々な機能がある事を書いて来ましたが、猫の肉球を触る事で病気を発見出来る場合もあります。

肉球が硬くなっていたり、肉球が腫れているといった異常があれば動物病院にかかる事をオススメします。

特に猫に多いのが肉球皮膚炎という症状で形質細胞性足皮膚炎(けいしつさいぼうせいあし皮膚炎)とも呼ばれます。

これは猫の肉球がなんらかの原因で炎症を起こして腫れてしまうという症状で、詳しい原因は不明です。

症状が進むと腫れから出血したり歩行を嫌がるなど目に見える症状があらわれるので比較的飼い主が気付いてあげやすい病気といえます。

猫の肉球まとめ

猫は起きている時に肉球を触られる事を嫌う場合が多いので、寝ている時にサッと触って異常がないかチェックするのも良いでしょう。

いつもより『肉球が腫れてる』などの異常が発見できれば病気の早期発見にも繋がります。

肉球で癒されながら猫の健康チェックもしてあげて下さい。

  • この記事を書いた人

D.yu-ya

猫や犬、生き物全般が好きで猫を飼っていました。 愛猫が他界した事で現在はペットを飼っていないのですが ブログという形でペットについて書いていきたいと思い このブログをスタートしました。 不定期更新ではありますが、よろしくお願いします。

-猫の話し

Copyright© ペット情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.