猫の話し

猫のストレスランキングtop10!猫もうつ状態になる?

更新日:

猫のストレスランキングtop10!猫もうつ状態になる?猫は意外(?)にもストレスを感じやすい動物です。

単独で獲物を狩ったり、自分の身は自分で守るというような単独生活をしていた猫は警戒心がとても強く周囲の環境の変化に過敏で神経質です。

周囲の変化に過敏なのは環境が常に変わって自分の縄張りが安定しない事は命に関わるからなんです。

環境が安定している(つまり変化のない毎日)と猫は安心して日常を送る事が出来るんです。

この環境の変化を嫌う本能は飼い猫になっても変わりません。

飼い猫となった猫が感じるストレスをランキング形式でご紹介していきたいと思います。

猫のストレスには急性と慢性がある

猫のストレスには急性と慢性があって一時的に急激に強い恐怖や刺激を受けた場合にかかるのが急性ストレスです。

猫が逃れられないストレスを毎日継続的に受けている場合は慢性ストレスです。

この慢性ストレスというのは急性に比べて飼い主さんが気付きにくいものです。

【急性ストレスの症状】
瞳孔が大きく開いたり、体が固まってフリーズしてしまったり耳を伏せパニックになるなど目に見えて異常がわかります。

【慢性ストレスの症状】
慢性ストレスは最近猫がイライラしているようだったり、前より神経質になったかな?というように雰囲気でくらいしか判断出来ないのが難点です。

猫のストレス1位『動物病院に行く』

20170628_203748
動物病院に行くというのは猫にとってストレスがかかる出来事しかありません。

まず自分の縄張りである自宅から出なければなりませんし、知らない人にベタベタ触られるし、時には痛い。

自分の縄張り外で知らない人にベタベタ触られるというのは猫にとっては苦痛のピークです。

診察台の上で拘束されようものなら恐怖メーターも振り切ってしまうでしょう。

少しでもストレスを軽減させてあげたいので、せめて病院に行く道中は猫を入れているキャリーケースに布を被せてあげて視界を遮ってあげてください。

そうする事で他の猫や人が視界に入らないので落ち着きやすくなります。

1才になるまでの間に、あえて動物病院にまめに連れて行く事で病院に慣れる猫もいます。

ただ、病院に慣れた場合はかかりつけの病院にだけ通うようにしましょう。

病院を変えると猫は強いストレスを感じる事があるからです。

スポンサードリンク

猫のストレス2位『ペットホテルに預ける』

ペットホテルも動物病院と同じで、やはり自分の縄張りを留守にして全く知らない場所へ行くという環境の変化が猫にとっては強いストレスになります。

他の猫や犬なんかもたくさん居るワケですから猫のストレスははかりしれません。

どうしてもペットホテルに預けなくてはならない時というのは中期や長期的に家を空けるからだと思います。

知らない場所で知らない猫や犬たちの中で何日も宿泊するのは猫にとって強い刺激になります。

猫のストレス3位『新しい猫や犬を迎える』

新しいペットとして猫や犬を迎えるというのは猫にとってストレスです。

特にずっと1匹で飼われていた猫にとっては新入りは縄張りに侵入してくる侵略者です。

最初はケージで隔離するなど住み分けをして少しずつ距離を縮めていきましょう。

私たち人間のように初対面でも当たり障りなく接するという事が猫にはありませんので慎重に距離を縮めてあげる事が大切です。

猫のストレス4位『引っ越し』

20170628_203807
引っ越しは猫にしてみれば築き上げた縄張りを失ってしまう事ですのでストレスは非常に高いと言えます。

引っ越し作業でドタバタしている空気を猫も感じるこで不安も高まっています。

引っ越しの時は猫が使っていた寝床やトイレなどのグッズ類は新調しないで新居に持ち込んであげてください。

新しい家だ自分のニオイのする物があるのとないのとでは猫の精神の安定度が変わってきます。

引っ越しに関しては引っ越しする時に猫のストレスを和らげる方法!に詳しく記載しているので参照してください。

猫のストレス5位『シャンプー』

猫は体が濡れる事を嫌うのですが、それは猫の祖先が雨の少ないサバンナが出身地だからです。

元々水に濡れる機会が少ない事から猫の毛には撥水性というものがないんです。

なので水に濡れると体が冷えやすいですし、とにかく体を濡らすという事を嫌うんですね。

稀に子猫の時から定期的にシャンプーしていると慣れる猫もいますが、猫が嫌がる場合は無理にシャンプーする必要はないです。

猫のストレス6位『大きな音の家電』

猫は大きな音を出す物が嫌いですので、特に掃除機やドライヤーのような突然大きな音を出す物は急性ストレスになります。

掃除機やドライヤーを使う時にそばに猫が居るなら、なんとなく一声かけてあげるとビックリしにくいです。

それを毎回続けてあげると声を掛けると自分から距離を取るようになっていくでしょう。

猫のストレス7位『薬を飲まされる』

猫にとって投薬は飲みたくもない物を体を押さえつけられて飲まされるという、ある意味拷問のようなものです。

とは言っても猫の投薬は必要な事なので止める訳にはいきません。

体をしっかりと抱えてあげて素早く終わらせてあげたいものです。

猫の口は指で頬のあたりを押してあげると開きやすくなります。

スポンサーリンク

猫のストレス8位『突然の来客』

自分の縄張りに侵入してくる来客は縄張りを荒らす存在だと感じてストレスを感じます。

特に来客が子供の場合は急に大声を出したり走り回ったりと予測不能な行動をするので猫は苦手です。

何をされるのかわからないという不安がストレスになってしまいます。

子供は好奇心で猫を追いかけ回したりするので来客が子供を連れてきた時は猫に近付けさせないようにお願いした方が子供にとっても安全です。

猫のストレス9位『同居猫との不仲』

これは猫だけでなく私たち人間も同じですが気の合わない仲の悪い人と過ごすとイライラしますし気が滅入ってしまいます。

猫も同じで同居猫との相性が悪いと継続的なストレスを感じて慢性ストレスになります。

同居猫との仲が悪いと感じたらお互いの距離を離したりトイレの数を増やしてあげる工夫が必要です。

自分がトイレに入りたい時に仲の悪い猫が先に入っていて入れないのはストレスです。

猫のストレス10位『キャリーケースに無理矢理入れられる』

猫は外出の時だけキャリーケースに入れられる事を嫌います。

どういう事かというと、たまにしか入らないキャリーケースには自分の匂いがついていないという事が一番の理由。

特に出掛けるからと無理矢理キャリーケースに押し込まれるのは相当なストレスを感じます。

ただ、キャリーケースに慣れている猫は大きなストレスにはならないのでちょくちょく猫をキャリーケースに入れた連れ出す事がある場合は普段からキャリーケースに慣れさせておくと良いです。

キャリーケースの扉を開いて置いておき中におやつを入れておいて猫に『キャリーケースは怖い場所ではない』というイメージを持たせてあげると良いです。

その他のストレス要因とは?

上記であげたtop10が主に猫に強いストレスとなる事なのですが、その他にももちろんストレスになる事があります。

■『トイレが汚い』
猫は嗅覚が鋭く綺麗好きなのでトイレが汚いというのは嫌います。
あまりに汚いと排泄をトイレでする事を拒否して床などに粗相してしまう事もあります。

■『留守番』
普段は留守番をする機会がない猫は留守番に慣れていないのだ不安になる事があります。
特に飼い主さんへの執着が強い猫ほどストレスを感じやすいです。

■『雷』
雷の雷鳴や稲光は瞬間的に強いストレスを与えます。
こればかりは自然現象なので仕方ないのですが、対処法としては雷が鳴りそうな日は窓を閉めておくという事くらいでしょうか。

■『寝ている時に触られる』
睡眠中に触られるという事は基本的に好みません。
気を許した飼い主さんに触られるくらいは平気な猫が多いですが、気を許した飼い主さんでも寝ているのに抱っこされたりされるのは好みません。

猫もストレスで“うつ”になる?

人間もストレスがたまると“うつ気分”ななる事がありますが猫も“うつ気分”になる場合があります。

寝ている時間が異常に長くなったり、餌を全然食べないとか毛づくろいを全くしなくなったという状態は人間でいう“うつ状態”の場合があるんです。

例えば飼い主が変わったとか引っ越しだ環境が一変した時などに“うつ状態”になるケースがあります。

あまりに酷い場合は猫でも抗うつ剤を処方される事があります。

スポンサーリンク

猫のストレスを軽減するには?

20170628_221032
ストレスが全くない生活をさるというのは実際には不可能だすが、少しでもストレスを軽減させてあげる事は不可能ではありません。

中でも重要で効果的なのが猫が1才になるまでの間に、いろいろな経験をさせてあげるという事です。

知らない未知の事に出会うという事は猫にとってストレスなので物事に対して柔軟な内に少しでも多くの事を経験させてあげる事でストレスに強くなっていくと言われています。

日常生活では猫が驚きそうな事をする時は先に声をかけてあげるというだけでストレスが軽減されます。

猫のストレスを完全に取り除く事は出来なくても少しの工夫が猫に対する愛情になるので工夫してあげるという事も大切ですが猫に気を使いすぎないで普通に生活してあげるという事が何よりも一番の良い環境作りになるのかもしれません。

  • この記事を書いた人

D.yu-ya

猫や犬、生き物全般が好きで猫を飼っていました。 愛猫が他界した事で現在はペットを飼っていないのですが ブログという形でペットについて書いていきたいと思い このブログをスタートしました。 不定期更新ではありますが、よろしくお願いします。

-猫の話し

Copyright© ペット情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.