猫の話し

猫の夏対策!熱中症や夏バテを防ぐ暑さ対策とは?

投稿日:

猫の夏対策!熱中症や夏バテを防ぐ暑さ対策とは?愛猫の健康管理と快適に過ごすためのポイントは季節によって違います。

春夏秋冬で猫の体も季節に合わせた変化をしていくのですが

前回ご紹介した猫が寒い冬を快適に乗り切るには?おすすめのアイテムは意外な物!冬の上手な乗り切り方に続いて

今回は暑い夏の過ごし方をご紹介したいと思います。

猫も夏バテしたり熱中症になる?

cat-1895171__340
猫は元々は暑さには強いといわれているのですが、現代の飼い猫は必ずしも暑さに強いとは言えないんです。

特に室内飼いの猫は日光を浴びる機会が減っている事が大きな要因になっています。

猫は春先に大量の抜け毛が発生するのですが、この抜け毛の正体は冬の毛が抜けて夏の毛に生え変わる猫の夏支度です。

ところが日光を浴びる機会が減った飼い猫は、冬の毛が抜ける周期がハッキリしなくなってきています。

暑い夏の向けて毛を減らしていくという本来のサイクルに狂いが生じていて被毛の調整が不十分になっている事があるんです。

その結果、夏バテや熱中症といった症状が現れやすくなっていると言えます。

スポンサードリンク

猫の夏バテとは?

夏になると猫の食欲が明らかに減っているような気がする事はありませんか?

実は夏場の食欲低下というのは猫のとっては防衛本能なんです。

どういう事かというと、猫は暑くても汗を出す汗腺が少ないので発汗による体温の調節が苦手です。

ですので暑い夏場は食事の量を抑えたり、運動の量を抑える事で体温が上昇する事を抑制しています。

夏になると食欲が落ちて運動量も減るのは猫の防衛手段なのですが、厄介なのが

防衛手段なのか夏バテの症状なのかの判断が難しい事です。

夏バテなのか夏バテじゃないのかの見極めは難しいのですが、飼い主さんが出来る事といえば

食事の量と飲水量をチェックして体重の減少がないか注意する事です。

防衛本能による食事や運動の抑制の場合、体重はほとんど変わらないので極端に食欲が低下し体重も減っている場合は夏バテを疑ってください。

ポイント
食事の量と共に体重が減っていたり

涼しい時間帯でもダルそうにしている場合は夏バテの可能性が大です。

夏バテと思ったら、基本的には室温を下げてあげるか猫が涼める場所を用意してあげて様子をみましょう。

それでも症状に改善が見られない場合は動物病院に受診してみる事をお勧めします。

猫も熱中症になるので注意!

thermometer-789898__340
猫も熱中症になりますし、勘違いしやすい事として『太陽にあたらなければ熱中症にはならない』という考えです。

熱中症は太陽の日差しを浴びなくてもなるので要注意が必要です。

暑い夏に閉め切った室内や車内にいる事で体温が急激に上がると、自力で体温を下げる事が出来なくなり熱中症になります。

熱中症は進行すると昏睡状態に陥ったり、最悪の場合は命を落とす事もあります。

猫が舌を出して『ハアハア』としていたり、体がいつもより熱が高い場合は熱中症な可能性が高いです。

猫の体温を測る場合は体温計の場合は肛門から検温しましょう。

ちなみに猫の平熱は38℃~39℃なので、それよりも大幅に体温が高い場合は熱中症と判断して良いです。

意識が朦朧としていたり、目や口内などの粘膜が充血している場合は重症なので即動物病院へ連れて行って下さい。

軽い熱中症の場合は応急処置をして様子をみましょう。

応急処置
応急処置としては部屋のエアコンを強くして室温を下げます。

それと並行して猫の首の部分を保冷剤で冷やしてください。

首を冷やすと効率よく体温を下げる事ができます。

やってはいけないのは体に水を掛けて冷やす事です。

全身に水を掛けると血管が一気に収縮して血圧を急激に上げる事になりますので絶対にやめて下さい。

スポンサーリンク

暑い夏を上手に乗り切る環境とは?

nature-3045780__340
基本的に夏場に熱中症になるのは、室内飼いの猫の場合では飼い主さんが留守にしていて室温が上昇した時が危険です。

暑さから逃れる事が出来なかったり、水分が全くない状態が危険なので外出前に確認してあげたいものです。

猫は元々、自分の過ごしやすい場所を探すのが得意な動物なので、寒い冬には暖かい場所を探しますし反対に暑い夏は涼しい場所を探しますので

外出時には猫がなるべく自由に移動できるように行動可能範囲を広くしてあげましょう。

猫に入られると困る部屋は別として、猫が入っても問題ない場所であれば扉を開けておいてあげると猫は自分で快適な場所を見つけるはずです。

飼い主さんが出来る猫に優しい環境作りをまとめてみたいと思います。

暑い時間だけエアコンをつけてあげる

f1f7c966abf4ce333532dcdcb9c00962_t
留守中にずっとエアコンをつけておくというのは抵抗があると思いますが、ものすごく暑くなるとわかっている日の一番暑くなる時間帯だけエアコンがかかるように

セットしてあげると安心です。

暑い時間帯の中で1時間でもエアコンがかかるようにしてあげるだけでも随分猫には助かるはず。

また、エアコンをセットした時はエアコンを稼働する部屋と稼働しない部屋の間を行き来できるようにしてあげるとベストです。

もしもエアコンで体が冷えすぎてしまった場合に暖まる事ができる場所があると猫は自分で最適な場所に逃げ込めるからです。

エアコンがない場合
北海道など夏の暑さが厳しくない土地の場合

部屋にエアコンがついていない事も珍しくないです。

それでも夏は猛暑になる事もあるのですが、エアコンがない場合は

保冷剤やクールマットを用意しておいて冷たい場所を作っておいてあげると良いです。

窓を少し開けておくという方法もありますが、防犯上は窓を開けておく事は避けたいもの。

ですので部屋のどこかに涼める冷たい場所を用意してあげましょう。

窓はカーテンなどで遮光する

窓は日差しを取り込むので室温を上昇させやすいので、カーテンやブラインドを閉めておくだけで日光を遮り室温が上がりすぎる事を防ぎます。

特に日当たりのよい窓は遮光してあげると効果抜群です。

完全にカーテンやブラインドを閉め切る事が嫌なら、せめて半分くらいは閉めておくと良いでしょう。

水を数か所に用意してあげる

cat-2596030__340
暑い夏に脱水症状を防ぐ意味でも水分補給というのは大切です。

猫は暑いと動きたがらないので近くに水が飲めるように数か所に用意してあげると良いです。

『ぬるくなるから』と水に氷を入れる飼い主さんもいますが、水に氷を入れる必要はないです。

スポンサーリンク

扇風機は効果なし

エアコンがないからと扇風機を回しておいてあげるという飼い主さんはいませんか?

少しでも猫を涼しくさせてあげたいという優しさなのでしょうが、実は扇風機は効果がありません。

むしろ逆効果になる事を知っていますか?

猫は汗をかかないので気化熱で冷える事がありません。

そして扇風機を回していると部屋の温度がかき回されて一定になってしまい涼しい場所と暖かい場所がなくなってしまうんです。

猫が快適な芭蕉を見つけにくくなるので扇風機は使わない方が良いです。

さいごに

家の中で涼しくなる場所といえば『お風呂場』なので、とても暑くなる日に飼い主さんが外出して留守になる場合はお風呂場を開放しておいてあげると良いです。

勿論、事故防止のために湯舟の中は空にしておきましょう。

家の中を行き来できるように扉を開放する場合はストッパーで扉が閉まらないようにしてあげると

予期せぬ閉じ込めを防ぐ事ができます。

留守中のあらゆるアクシデントを想定しながら可能な限り涼しい環境を作ってあげる事で愛猫の熱中症や夏バテを予防していきましょう。

  • この記事を書いた人

D.yu-ya

猫や犬、生き物全般が好きで猫を飼っていました。 愛猫が他界した事で現在はペットを飼っていないのですが ブログという形でペットについて書いていきたいと思い このブログをスタートしました。 不定期更新ではありますが、よろしくお願いします。

-猫の話し

Copyright© ペット情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.