猫の話し

猫は病気じゃなくても餌を吐く!安心な嘔吐と危険な嘔吐の見分け方とは?

投稿日:

猫は病気じゃなくても餌を吐く!安心な嘔吐と危険な嘔吐の見分け方とは?元気にモリモリとご飯(餌)を食べていたのに、最近食後にキャットフードを吐いてしまうという現象はありませんか?

アナタは飼い主として、その嘔吐の原因を知っていますか?

実は猫が餌を吐く理由というのは必ずしも『病気』とは限らないんです。

健康なのに猫が餌を吐く原因とは?

まず、猫が餌を吐くということ事態は、それが直ちに緊急事態になるという事は稀です。

というのも基本的に猫は吐きやすい動物ですし

猫が草を食べる理由!マタタビは常用しても安全?でも触れていますがお腹に詰まった毛玉を吐き出すという事を定期的に行っています。

私が飼っていた猫も、私が帰宅すると廊下の毛玉を吐いていた事は沢山ありました。

とはいってもお腹に溜まった毛玉を吐き出しているという明確な理由がわかっていれば良いのですが

そうではなく、餌を食べたあとに頻繁に餌を吐くと心配になりますよね?

大抵は餌を吐いた後はケロッとしていて何事もなかったように元気にしている事が多いのではないでしょうか?

元気な猫が餌を吐く原因というのは何なのでしょうか?

スポンサードリンク

原因1・キャットフードとの相性

cat-1798147__340
まずは、どんな猫が吐く原因に大抵共通している事は猫が吐くのは胃の中を綺麗にする為です。

キャットフードには様々な種類の餌があって、市販されているという事は最低限の安全性は確保されているのですが

添加物は様々なので猫との相性というものがあります。

例えばキャットフードには長期間腐らせずに保存する事が出来るように様々な添加物が配合されていて、その配合の内容はメーカーによって千差万別です。

市販されているから全て安心なのか?というとそうでもなく、中には猫の体に害となる添加物が含まれている餌も市場には流通しています。

とはいっても配合されている添加物は少量なので1度や2度食べたからといってすぐに嘔吐するという事はありません。

最初は猫の体も粗悪な添加物を吸収しますが、長期間食べ続けるうちに徐々に体が拒否反応を示していき

やがて食すると嘔吐して体内から排出するという防御反応として現れてきます。

猫の餌の疑問や選び方!知らないと危険なキャットフード!

で触れていますが猫が食後に負うとを繰り返すようになった場合は今与えている餌の内容物を確認してみて下さい。

『ミール』には要注意が必要です。

ポイント
猫が食後に負うとを繰り返す場合、猫の嘔吐物に毛や毛玉が含まれているか確認しましょう。

毛や毛玉が含まれているなら本能的な嘔吐の可能性が高いので心配はないでしょう。

原因2・過食早食い

お腹が空いていて餌を一気に食べてしまう早食いは消化されていない餌を吐く原因の一つです。

また食べ過ぎは飼い主さんが用意した餌を全て食べきってしまう事で、餌を完食する事は良い事なのですが、それはあくまでも適量の場合です。

適量を大きく超える量を用意しているのに全て食べてしまって吐くという事もあります。

この場合も吐いた後はケロッとしているので心配はいりません。

早食いや過食をする猫は沢山の量の餌をよく噛まずに丸呑みしている事もあるので余計に吐きやすくなります。

量を気にしないで与えている飼い主さんは、一度しっかりと愛猫の食事の適正量を確認してみた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

原因3・悪食

家猫には少ないかもしれませんが、自由に外に出ていける外猫の場合は外で悪食している可能性もあります。

外にいる時に虫や草などを食べていて時間の経過とともに吐き出す事があります。

夏になるとセミを食べる猫もいますし、外にいる虫は猫にとっては捕食物なんです。

また外に出さないからと安心は出来なくて、家猫の場合もゴキブリを捕食しているケースもあります。

猫の嘔吐物の中に虫が混ざっているなら悪食による嘔吐という事になります。

ポイント
セミやゴキブリを悪食していた場合は病気が心配になると思います。

しかし、その虫がホウ酸団子や害虫駆除剤などによって弱っていないなら心配はいりません。

猫が吐いた後に元気なら特別な心配はないでしょう。

猫の嘔吐で危険な傾向は?

animal-2119822__340
上記で説明している猫の嘔吐の場合は心配いらない事が殆どなのですが、何でも『心配ない』と決めつける事も良い事とは言えません。

猫が餌を吐く時の危険のシグナルはどういった事があるのでしょうか?

吐いた後に元気がない

猫が吐くというのは大抵の場合は本能的な嘔吐だったり早食いによる嘔吐など心配のいらないケースです。

しかし猫が吐いた後にぐったりしていたり、明らかに元気がなくなっている場合は注意が必要です。

普段は吐かないのに突然嘔吐をして元気がなくなっているのは要注意のシグナルです。

下痢や食欲不振などの症状が現れたら、すぐに病院へ行くようにしましょう。

ポイント
嘔吐の他に体重の減少や軟便があれば内蔵の異常を疑いましょう。

痙攣や発熱がある場合はウイルスの感染や中毒症状をうたがいましょう。

何度も吐く

一度ではなく何度も繰り返し嘔吐する場合も危険シグナルです。

何度も吐く場合は飼い主さんのセルフ判断は危険なのですが、まずは1日完全に絶食絶飲して様子を見てみる方法もあります。

1日絶食絶飲して吐かなくなるようでしたら大きな問題はないのですが、それでも繰り返し吐く場合は誤飲やアレルギーなどを疑って早めに病院に行くようにしましょう。

特におもちゃなどを誤飲している場合は何とか排出しようと何度も吐き続ける傾向があります。

誤飲物が全て排出されずに体内に残ってしまった場合はお腹を開く手術を行う場合もあります。

ヨダレが出ている

猫は健康であれば、ヨダレは殆ど出しません。

顎が折れていたり、口内炎などの口内トラブルによってヨダレがでる事はあるのですが、その場合は嘔吐は伴わないです。

嘔吐を伴いヨダレも多く出ている場合は中毒症状が真っ先に疑われるので病院に行く事をお勧めします。

スポンサーリンク

嘔吐物に血が混じっている

猫の嘔吐物の中に血液のようなものが混じっていたら要注意です。

この場合は何も考えずに一刻も早く病院に行くようにしましょう。

嘔吐物に血が混じっているという事を確認したら猫が吐く回数や吐いた後の状態に関わらず受診するべきです。

さいごに

確かに猫は良く吐く動物で自己防衛の為に本能的に吐く事も多いですが油断は禁物です。

頻繁に吐く動物だからと油断してはいけない理由に『ストレス』があって猫もストレスによって吐く生き物なんです。

ストレスによって胃炎などを引き起こしている場合は特定しやすいのですが肉体的な症状には至らずにストレスで吐いていると

病院に連れて行っても『異常なし』と判断されることもあります。

危険なシグナルを見逃さずに対処する事は大切です。

ただ、食後の嘔吐というのは基本的には大きな問題を抱えている事は少ないです。

食後に吐くという事は食欲はあるワケですから、餌の炭化物をチェックして餌を変えてみる等の対策をしてみましょう。

  • この記事を書いた人

D.yu-ya

猫や犬、生き物全般が好きで猫を飼っていました。 愛猫が他界した事で現在はペットを飼っていないのですが ブログという形でペットについて書いていきたいと思い このブログをスタートしました。 不定期更新ではありますが、よろしくお願いします。

-猫の話し

Copyright© ペット情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.