猫の話し

猫と鼠の関係!猫にとって鼠は特別な存在なの?

投稿日:

猫と鼠の関係!猫にとって鼠は特別な存在なの?アメリカの古い『トムとジェリー』というアニメを知っているでしょうか?

猫のトムと鼠のジェリーがケンカをしながら毎日奮闘するという内容のアニメなのですが、このトムとジェリーに代表されるように猫と鼠というのは出くわすと猫が鼠を追い回すというイメージが定着しています。

そして、猫と鼠にまつわるこんな昔話もあります。

神様が干支である十二支の動物を決めようとしていました。

神様は先着順で十二支を決定しようと考え正月に神様のもとを訪れた先着12番目までの動物を干支に採用すると言いました。

その昔話の中で猫は鼠に『2日の朝に神様のもとへ来た動物を干支に採用する』と嘘をつかれてしまい大遅刻。

それ以来猫は鼠を見ると追い回すようになったというお話しです。

勿論、これらはフィクションなのですが猫は鼠を目の敵にして追い回すというイメージが定着していきます。

実際のところ猫と鼠の関係とはどんな関係なのでしょうか?

猫は鼠をなぜ捕まえるの?

20170329_213950
猫が鼠を捕まえるというのは確かに事実なのですが猫は鼠だけと捕まえるワケではありません。

あくまでも私たちの勝手なイメージであって猫は鼠を狙い撃ちしているのではなくゴキブリを捕まえる事もあれば小鳥を襲う事もあるんです。

猫は一般的に狩りでどんな動物をどうやって捕まえるのかを学習して覚えていきます。

猫が持つ本能で狩りという行為自体はインプットされているのですがどんな獲物がおいしいエサなのかという事などは経験として覚えていきます。

ですので鼠を好んで狩る猫がいるとするならば、それは親猫が狩りを教える時に鼠を多く捕まえていたからでしょう。

鼠というのは自然界では数の多い生き物ですし、すばしっこい動きや大きさは猫にとって本能を刺激する格好の獲物です。

また鼠の活動時間は猫が狩りをする時間帯なので猫と鼠が出会いやすかったというのも大きな理由でしょう。

スポンサードリンク

鼠を食べずに弄ぶ理由は?

猫は鼠を捕まえたからといって必ず食べるというワケではありません。

というか飼い猫であれば鼠を食べる猫の方が少ないと言えます。

餌をもらう事が出来る飼い猫は狩りの必要がなくなっているのですが本能的に狩りをするという欲求が蓄積していきます。

そしてたまに獲物を捕まえると日頃の狩りへの欲求を晴らそうとして獲物を弄ぶんです。

おもちゃで遊ぶように獲物を弄ぶのは飼い猫に見られる行動で、野生の猫や野良猫のように生きる為に自力で餌を確保しなければいけない猫には獲物を弄ぶという行動は見られません。

そして猫が獲物を弄ぶ理由としてもう一つの理由は狩りの学習不足です。

どういう事かと言うと猫は本能に狩りをするという欲求はインプットされているのですが実際の具体的な狩りの方法や獲物の食べ方などと実戦は母猫から教えてもらわないと覚えません。

だから飼い猫が鼠を弄ぶのは目の前にあらわれた鼠を本能的に捕獲したものの捕まえた獲物をどう処理するべきなのか知らないので弄んでしまうというワケです。

猫が鼠を咥えて見せにくる理由

外猫として飼っている愛猫が何かを運んで帰ってきたと思ったら鼠や雀を咥えて得意気に見せてきたという経験はありますか?

外猫として飼っている場合は時々こういった猫の行動に驚いてしまう事もあると思います。

この不思議な猫の行動に対する解釈は近年変わってきています。

昔は猫が狩りの成功を飼い主に認めてもらいたくて獲物を見せにきているという解釈が一般的だったのですが最近は違う説が有力になっています。

その説というのは猫が飼い主に狩りの仕方を教えようとしているという斬新なものです。

猫というのは飼い主を親に見立てて甘えたり、恋人や兄弟に見立てて接するなど気分によって立場を使い分けています。

そう考えると猫が自分を親だと見立てる親モードになり狩りの出来ない飼い主(子供)に狩りの仕方を教えようとしているというのも可笑しな話ではありません。

自然界で生きる猫は狩りの方法や獲物の扱い方を母猫から教わります。

母猫は獲物を巣に持ち帰り、まずは自分で獲物を食べて食べ方を教えていきます。

そして次に生きた獲物を子猫に与えて仕留める方法を教え、その次に一緒に狩りに出掛け実践トレーニングをさせていきます。

飼い猫が飼い主のもとに獲物を持ち帰るのは狩りの出来ない飼い主に狩りのノウハウを教えようという母猫モードになっているという説が有力なんです。

本能的に狩りをした飼い猫が『飼い主が今頃腹を減らしているかもしれないニャ』という親心のあらわれのようです。

スポンサーリンク

鼠を怖がる猫がいる!?

鼠を怖がる猫は居ます。鼠を怖がる猫というのは子猫の頃に全く狩りの教育を受けていない猫です。

鼠を獲物と認識せずに不気味な存在として捉えてしまうのです。

鼠を怖がる猫というのは珍しいものではなく鼠に追い回されて逃げ回る猫もいます。

さいごに

猫と鼠の関係というのは私たちが思うほど特別な関係ではありません。

猫は鼠を目の敵にしているワケではなく鼠だけを狙っているワケでもないんです。

小鳥やゴキブリや時には蛇なんかも狩りますし、猫にとって鼠は『たまたまそこに居た』程度の存在でしかありません。

私たちがイメージしているような永遠のライバルといった特別な関係ではないんですね。

  • この記事を書いた人

D.yu-ya

猫や犬、生き物全般が好きで猫を飼っていました。 愛猫が他界した事で現在はペットを飼っていないのですが ブログという形でペットについて書いていきたいと思い このブログをスタートしました。 不定期更新ではありますが、よろしくお願いします。

-猫の話し

Copyright© ペット情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.