猫の話し

猫の耳は驚異的!驚きの能力と意外な事実とは?

投稿日:

猫の耳は驚異的!驚きの能力と意外な事実とは?自由自在に動く猫の耳は驚異的な聴力を持っています。

その聴力は犬以上と言われていて猫はその聴力を駆使して獲物の居場所を検知するという役割を果たします。

ネコ缶を開けた時に、側に居なかったはずの猫がいつの間にか近くに来ていたり、外出から帰ると猫が玄関先でお出迎えしてくれたりという経験はありませんか?

知っているようで意外と知らない猫の耳について詳しく見ていきたいと思います。

猫の耳は五感の中で一番!?

猫の耳は、かすかな音でも聞き取れるという五感の中で一番高性能な器官です。

元々、猫は待ち伏せ型のハンティングをしてきた動物なので、どんなに僅かな音でも聞き逃すわけにはいきません。

そのため、猫の耳というのは非常に地獄耳なんです。

どれくらい聴力が凄いのかと言うと我々人間の可聴域は一般的に20~2万ヘルツで犬は20~4万ヘルツ。

そして猫は30~6万ヘルツまでが可聴域と言われています。

このヘルツというのは音の高さを表すもので、数値が大きくなるほど高音と言うことになります。

とにかく高音を聞き取る能力はピカイチなんです。

その自慢の聴力でネズミなどの獲物の動きを敏感に察知してハンティングします。

更に猫は聞こえている音の音源さえも正確に捉える事が出来るので物凄く似ている音だとしても聞き分ける事が出来るんです。

例えば飼い主さんが外出から帰るとお出迎えしてくれるのに、飼い主さん以外の人物が帰ってもお出迎えをしないという事があります。

更にいつもは必ずお出迎えしてくれるのに友達を連れて帰るとお出迎えしてくれるどころか猫の姿が見えないという事もあります。

飼い主さんの足音の他に聞き慣れない足音もあると猫は敏感にキャッチして隠れてしまいます。

こういった行動からも猫が音源を聞き分けていて違いを認識しているという事がわかると思います。

猫の耳は音源の方向も正確に判断出来る!

猫は高音を聞き取る能力の他に音のする方向も正確に判断出来ます。

ある実験によると猫は20メートル先から50センチ間隔で鳴らした2つの音を正確に区別したという結果があります。

そして音源を高い位置と低い位置から発した音も的確にキャッチして判断しました。

猫の耳はまさに、正確に音を拾う探知機で頭の上に立てた耳の角度を調整しながら、その音がどの方向から発せられていて、どのくらいの距離があるのかを正確に判断します。

スポンサードリンク

猫の耳は左右別々に自由に動く

猫の耳には実に20以上の筋肉があって自由自在に耳を動かす事が出来ます。

獲物が隠れていないか自在に耳を動かして獲物の音をキャッチしようとするんです。

また何らかの音をキャッチすると音がした方の耳だけを素早く音源のほうへピピッと向ける事が出来ますし、なにより左右の耳を別々に動かす事が出来ます。

猫の耳は気持ちもあらわれる

人間社会では『目は口ほどに物を言う』と言いますが、猫の社会では『耳は口ほどに物を言う』と言えます。

というのも猫は感情をあまり表さないポーカーフェイスと思われていますが、耳は正直です。

例えば飼い主さんが猫の餌を用意している時に、まるで『興味ありませんけど?』という感じでソッポ向いていても耳だけは餌の方向に向いていたりします。

このように猫の耳の方向によって本心を探る事が出来ます。

他の猫に挨拶する時や獲物を探している時というのは耳は前を向いています。

猫が耳を寝かせている時というのは2つの意味があって

20170202_212110
このように耳の裏側を見せるように寝かせるのは威嚇する動作です。

ネコ科の動物というのは耳の裏に特殊な模様があるので、それを相手に見せる事によって威嚇しているんです。

20170202_212126
このように耳を深く寝かせているのは怯えている状態で飼い主さんに酷く怒られた時などに耳を寝かせて実をすくめる事があると思います。

威嚇にしても怯えにしても猫は強がっていても耳にはしっかり気持ちがあらわれるので実は怯えているとあうのがわかってしまいますよね。

そのほかにも横になっている猫が耳をピピッと動かしたら『そろそろ活動するか』という合図です。

そして興奮している時は耳を左右にせわしなく動かします。

猫は男の声が大嫌い?

猫は男性の野太い声が嫌いです。不思議とイカツイ男性でも猫に話しかける時は優しい声を出す人が多いのですが、これは猫にとっては大助かりです。

猫の耳に違和感なく聞こえる音というのは2000~6000ヘルツの音域なのですが、この音域は子猫の鳴き声と同じくらいの周波数です。

ですので猫は聞き慣れた2000~6000ヘルツの音域に安心感を覚えます。

その反対に低い音に対しては警戒心を抱き身構え緊張状態になるんです。

男性の野太い声はまさに猫にとって脅威を感じる音域なんです。

声の音域という事で言えば人間の子供の声というのは猫にとって聞き慣れた音域になります。

猫は子供が苦手と言いますが、それは子供というのは突然騒いだり猫に激しく近付いたりと予測出来ない行動を取るからです。

音域という意味では子供の声が一番猫に安心感を与える音域なんです。

スポンサーリンク

家猫も耳が良いの?

狩りをする必要のなくなった家猫でも驚異的な聴力は引き継がれています。

それこそ飼い主の足音を遠くから聞き分けて玄関先でお出迎えするとか、どこにいても餌の音は聞き逃さないなど家猫でも有意義に聴力を生かしているんです。

猫は人間には絶対に聞こえない微かな音も聞く事が出来るので、遠くで猫が喧嘩している音や、襖の向こうの虫の羽音などをキャッチしてその方向をジッと見つめる事があります。

そんな猫を見て『霊でも見てるの?』と気味悪くなる事もあるかと思いますが、猫は霊を見ているのではなく、はるか先の音を聞いている場合が多いです。

猫は大きい音が大嫌い?

小さな音にも敏感な猫の耳は大きい音が苦手です。

大声や突然鳴り響くくしゃみなのどの音には驚きやすいです。

くしゃみをした時に猫がビクッとなりこちらを見ている事はありませんか?

そんな時、猫は内心ドキドキしているのかもしれませんよ。

猫が耳を洗うと雨が降る?

昔から猫が耳の後ろまで洗うと雨が降ると言われます。

迷信のようですが、実際に根拠はあるのでしょうか?

実は、これは意外にも信憑性が高いんです。

一説によると低気圧が近付いて空気中の湿度が高くなると耳の後ろや耳の中の毛が湿度の変化を感知して、それが不快なので猫は一生懸命耳をこすると言われています。

そして、もう一つの説としては猫が耳を洗うのは不安を悟られない為とも言われています。

猫の毛づくろいに秘められた意味とは?】でも触れていますが、猫は不安を隠す為に顔を洗ったり耳を洗う事があります。

雨が降る不安を紛らわす為に一生懸命耳をあらっているのかもしれません。

白い毛で青い目の猫は耳が不自由?

これは確かにその場合が多いです。真っ白い毛でブルーの目を持つ猫は耳が聞こえないケースが確かにあります。

これは色素欠乏症で色素がないと毛は白くなりますし、目は青くなります。

猫の場合はこの色素欠乏症を引き起こす遺伝子というのは耳にも影響を与えるので耳が聞こえないというケースがあるんです。

猫の耳アカで健康管理しよう!

猫の耳アカの状態をキチンとチェックする事で病気を発見する事も出来ます。

基本的に正常な耳アカは『少量』『こげ茶色』『乾燥している』耳アカです。

これが黒い耳アカで耳の中にベットリとした黒い耳アカがあって、ツンとする悪臭を放っているようならなんらかの感染症の疑いがあります。

茶色でねっとりとした耳アカが出る時は外耳炎の疑いがあります。

外耳炎とはマラセチア菌などに感染して外耳道に炎症が起きている状態です。

こげ茶色や黒色と違いはありますが、粘り気のある耳アカが出て、耳の中が赤く腫れる場合もあります。

さいごに

猫の耳は私たち人間が聞くことのできない超音波も聞く事が出来る驚異的な能力が備わっています。

大切な耳が汚れているようなら、耳掃除をしてあげるのも良いです。

オリーブオイルなどを付けた綿棒で拭き取る程度で十分です。

耳を保護している粘膜を傷つけてはいけないので頻繁に耳掃除をしたり、しつこくグリグリするのは避けましょう。

また、奥まで綺麗にしようとするのも良くないです。

パッと見える範囲だけをササッと拭き取ってあげましょう。

  • この記事を書いた人

D.yu-ya

猫や犬、生き物全般が好きで猫を飼っていました。 愛猫が他界した事で現在はペットを飼っていないのですが ブログという形でペットについて書いていきたいと思い このブログをスタートしました。 不定期更新ではありますが、よろしくお願いします。

-猫の話し

Copyright© ペット情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.