猫の話し

猫の歯!猫は虫歯にならない?歯磨きの必要性とは?

投稿日:

猫の歯!猫は虫歯にならない?歯磨きの必要性とは?猫の歯というのは虫歯にはなりません。

虫歯にはならないのですが、歯や口内のトラブルが全くないというワケではないんです。

虫歯にならない猫が抱える口内トラブルってなにがあるかわかりますか?

猫が最も抱えやすい歯のトラブルは歯周病です。

歯周病はある程度の年齢を超えた猫には珍しくない疾患で80%の猫は歯周病を抱えていると言われています。

ここでは猫の歯のトラブルについて詳しく解説していきたいと思います。

猫の歯の不思議!

20170505_085518
猫には虫歯は無いと書きましたが、どうして猫は虫歯にならないのかというと猫の口内環境がアルカリ性だからなんです。

虫歯菌というのは酸性の環境では猛威をふるうのですがアルカリ性の環境では繁殖出来ません。

だから猫の歯には虫歯はないんです。

ちなみに私達人間の口内環境は弱酸性なので虫歯菌はしっかりと繁殖していけるんですね。

虫歯知らずの猫は無敵なのか?

それでは虫歯が繁殖出来ないアルカリ性の口内環境を持つ猫は歯のトラブルとは無縁なのか?というと、そうではありません。

猫の口内トラブルの代表的な疾患は歯周病ですが、その他にも歯肉口内炎歯頸部吸収病巣(しけいぶきゅうしゅうびょうそう)といったトラブルがあります。

こういった口内のトラブルというのは加齢とともに歯に歯石が溜まったり、また免疫力の低下などによって起こりやすい疾患なんです。

20170505_085548
猫が口内トラブルを抱えて、それが重症化すると痛みで餌が食べられなくなるにで痩せてしまって衰弱してしまうケースもあります。

スポンサードリンク

猫の歯周病

20170505_085701
歯周病というのは歯に付着した歯石や歯垢(しこう)の中に潜む細菌が猫の歯の周辺である歯茎などが炎症を起こしている状態です。

歯周病になると歯茎が腫れて出血するなどの症状があらわれます。

時には歯の根元に膿みが溜まってしまう場合もあります。

この歯周病をずっと放置して最重症化した時は最悪なケースとしては歯が抜けてしまう事もあるんです。

猫の歯肉口内炎

20170505_085738
歯肉口内炎は猫の奥の歯茎や、その周辺の頬の内側や時には喉などの広範囲に渡って炎症が起きたり潰瘍(かいよう)が出来てしまって真っ赤になるという症状です。

この歯肉口内炎の原因としてあげられるのが免疫のバランスが崩れている事と言われていて高齢の猫が免疫力を落とした時に多く見られる疾患です。

本当に広い範囲に炎症が及ぶので痛みでアクビする事も出来ないという場合もあるんです。

猫の歯頸部吸収病巣

20170505_085718
歯頸部吸収病巣たいうのは聞き慣れない言葉だと思いますが歯茎が赤く腫れて歯が溶けてしまうという怖い疾患です。

歯が溶けるといっても多くの場合、歯茎の境目だったり歯茎の中に埋まっている歯が溶けるという症例が多いので飼い主さんが気付くのは難しいです。

それこそ目視では確認出来ずにX線検査をして初めて確認出来るという場合も少なくはありません。

猫の歯のトラブルは気付けないの?

よほど毎日、愛猫の様子を観察している場合は猫の変化に気付きやすいという意味では比較的早い段階で異変を察知出来るかもしれません。

しかし実際のところの大多数は早期発見を出来ないという現実があります。

猫の歯のトラブル初期症状は?

猫は歯や口内にトラブルを抱えると餌を食べなくなったり、食べる時に痛そうに顔を傾けるといった行動や痛みに耐えかねて餌を食べている時に鳴くというケースだったり、しきりに口周りを触って気にするという仕草などがあらわれます。

ただ、このような自覚症状があらわれているという時点で早期発見と言って良いものなのかは微妙な所ですよね。

本当の意味での早期発見というのは痛みが出る前に気付いてあげる事だと思いますが現実的にそれは難しいです。

本当に早期発見出来る飼い主というのほ毎日しっかりと猫の歯磨きをしている飼い主さんくらいではないでしょうか?

スポンサーリンク

猫の歯磨きしてますか?

20170505_085453
猫の歯磨きを習慣づけするというのは歯のトラブル予防に最も効果があります。

じっとしてくれない猫に歯磨きは難しそう・・と考える飼い主さんも多いと思います。

ただ、歯周病の主な原因ほ歯に付着する歯垢ですし、この歯垢を取り除くには歯磨きが有効なんです。

更に高齢猫になるほど歯垢が蓄積されるので歯周病にかかりやすくなりますし、体の免疫力が低下するので口内炎にかかりやすくもなります。

痛みで食欲がなくなり体力が低下するという悪循環に陥る可能性が高いので健康維持という意味でも歯磨きは大切なんです。

本当は子猫のうちから歯磨きにならしておくと楽なんですが成猫からでも出来る歯磨きをご説明します。

猫の歯磨きにはガーゼを使った方法や歯ブラシを使った方法があります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

まずは歯と歯茎の状態をチェックする

猫は口の中にトラブルがあると歯磨きの時に患部が痛むので、それ以降歯磨きをさせてくれなくなる場合があります。

だから歯磨きをする前に猫の歯と歯茎付近の健康状態をチェックして異常を発見したら動物病院へ連れて行きましょう。

健康な猫の口内というのは歯茎は薄いピンクで歯は真っ白ですので、愛猫がこの状態なら歯磨きは問題なく出来ます。

口内にトラブルを抱えている場合は歯茎が赤く腫れていたり、歯に歯石が付着していて黄色がかっていたりします。

こういった状態の時には歯や歯茎に触れると痛がる猫が多いので歯磨きの前に動物病院で相談した方が良いでしょう。

ガーゼで歯磨き

20170505_171911
ガーゼを使った歯磨きというのは比較的猫は嫌がらない傾向があります。

ガーゼを指に巻いて、ぬるま湯で濡らしておき歯垢のつきやすい臼歯を磨いてあげましょう。

ガーゼを巻いた指を口の横から滑り入れる感じで歯の表面を軽く左右15秒ずつ、計30秒程度こすってあげてましょう。

猫が嫌がるようなら、ここで歯磨きを止めても構いません。

愛猫がまだ歯磨きをさせてくれそうなら次に犬歯と切歯を磨いていきます。

犬歯を磨く時は愛猫が歯磨きに慣れていない内は噛まれる可能性があるので犬歯の根元だけを磨くのでも十分です。

ガーゼでの歯磨きは手軽に出来るので、この方法で愛猫に歯を磨く事を慣れさせてはいきましょう。

20170505_175529

歯ブラシを使った歯磨き

20170505_171928
愛猫が歯磨きに慣れてきたら歯ブラシを使ってしっかりと歯を磨いていきましょう。

ブラシの毛が柔らかい乳幼児用の歯ブラシか、部分歯ブラシを選ぶと良いです。

磨く場所はガーゼでの歯ブラシと同じく歯垢のつきやすい臼歯を磨いてあげて、犬歯と切歯を綺麗に磨いてあげます。

強く歯を擦りすぎてしまうと痛いので歯ブラシは鉛筆を持つように握ると力が程よくなります。

口内トラブルの原因の歯石は除去する?悪化したら?

歯垢の段階で歯磨きをして歯を綺麗に保っていると良いのですが、歯垢が歯石になってしまうと歯磨きでは取る事が出来なくなってしまいます。

そして歯石を放置していると、歯石の上に付着した細菌が歯茎のポケットから血管を通って全身に運ばれて内臓疾患を引き起こす事もあるんです。

歯石の除去は口内トラブルを悪化させない為にはとても重要な事です。

健康な成猫ならいつでも歯石除去を受ける事が出来るのですが全身麻酔で行うので多少なりとも体に負担がかかるので歯石を除去したら日頃の歯磨きで歯垢の内に綺麗にしてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

口内トラブルが悪化した時の治療方法は?

歯石を放置して歯周病や吸収病巣など悪化していった場合は基本的に抜歯をする事で炎症を抑えるという治療方法が一般的です。

抜歯によって炎症が治まれば大抵、食欲も回復して元気になります。

ただ麻酔をしての抜歯というのへ高齢猫ほど負担が掛かるので猫の状態によっては抗生剤だったり鎮痛剤を用いた治療を行う場合もあります。

さいごに

あまり猫の歯磨きというものを意識している飼い主さんはいないかもしれません。

そして知らない内に愛猫が歯周病になっていたり口内炎になっているという場合もあると思いますが、それは飼い主さんが悪いワケではありません。

大切なのは同じ目に2度あわせないという事です。

歯石を除去したなら、毎日の歯磨きで歯垢の内に取り除いてあげる。

抜歯したなら他の歯も抜歯しなくても良いように、やはり歯のお手入れはしっかりとしてあげたいですね。

  • この記事を書いた人

D.yu-ya

猫や犬、生き物全般が好きで猫を飼っていました。 愛猫が他界した事で現在はペットを飼っていないのですが ブログという形でペットについて書いていきたいと思い このブログをスタートしました。 不定期更新ではありますが、よろしくお願いします。

-猫の話し

Copyright© ペット情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.