猫の話し

[猫の便秘]原因と対処法!何日出ないと危険?

投稿日:

[猫の便秘]原因と対処法!何日出ないと危険?猫は具合が悪くても言葉を使って飼い主に伝える事が出来ません。

また、猫は具合が悪くてもそれを態度にあらわさない動物でもあります。

猫だけに限ったワケではないのですが、野生で生きる動物というのは自分の体調が悪い事を態度にあらわしてしまうと、それはそのまま自らの死へと繋がってしまいます。

飼い主に出来る事は猫の様子がいつもと違ったら察して気づいてあげる事です。

猫の異変で比較的放っておいてしまいがちな事に便秘があります。

猫の便秘を侮るなかれ!

20161204_111000
猫の便秘というのは比較的多くて決して珍しいものではありません。

酷い便秘に悩む猫も少なくないのですが、珍しくないという事が飼い主の油断を生みやすいとも言えます。

基本的にスマートな肉体の猫は骨盤が狭くなっているので大きい物は通りにくい構造になっていて、腸の運動が弱まっていたり便の量が多くなると狭い骨盤を通りにくくなります。

骨盤は狭いくせに大腸は伸縮性が高いので便はどんどん溜まっていくんです。

我々人間にとっても便秘は体に良くないのですから、それは猫にも同じ事で『そのうち出るでしょ』なんて放っておくのは良くないです。

骨盤が狭いのに便が溜まって大きくなれば自力で排便する事は難しくなります。

猫の便秘の原因って?

猫の便秘の原因は様々で、まずは前述した通りに骨盤が狭くなっている事と、外傷による骨盤の変形や遺伝的な要因、肥満や運動不足、水分不足といった環境的な要因があります。

またストレスや腸の機能障害といった原因もあげられますが、いずれの原因であっても便秘が続くと

巨大結腸症という病気へと発展していく事があります。

スポンサードリンク

巨大結腸症って!?

巨大結腸症とは猫の大腸の一部の結腸の収縮力が弱まる事で慢性的な便秘を起こして継続した治療が必要になる病気です。

簡単に言えば猫の腸が膨らむ病気です。

そしてこの結腸部分というのは水分を吸収する場所なので結腸に便が溜まると、どんどん便の水分が腸に吸収されてしまうので便は固くなり更に排便を困難にしてしまうという悪循環に陥ります。

巨大結腸症を発症すると場合によっては手術をして便を取り除くという事もあります。

肛門よりも明らかに大きな便がゴロゴロ溜まっていると自力で排泄する事は困難なので手術によって取り除くのです。

便秘は何日出ないと危険?

便秘といっても、どこからが便秘なのか?という判断に迷う事もあると思います。

目安として2日程度の期間で便が出なければ便秘状態と考えて下さい。

そしてもしも3日便が全く出ていない場合は危険と判断して出来る限り早めに動物病院に連れて行ってあげましょう。

猫が便秘の兆候を見せる時はトイレの周りを常にウロウロしていたり、頻繁にトイレに行くのに便が出ていないというサインがあるので早めにサインに気付いてあげて、便秘状態だという事を認識する事が早期の対応に繋がります。

便秘に早く気付く事の大切さ

便秘に早く気付いてあげる事で巨大結腸症になる前に対応出来るようになります。

初期の便秘状態の時に飼い主が出来る事というのは

①エサを見直して繊維質の多いフードに切り替えてみる

②水分をしっかり摂取させる

③運動をたくさんさせる

④猫の草を食べさせる

などと言った事を試してみる事が出来ます。

猫の便秘にマーガリンがいいって本当?

便秘の初期段階ではマーガリンやバターを摂取させるとお通じが良くなる効果もあります。

ただ人間用に作られたマーガリンやバターは猫にとって塩分が多い場合があるので与えすぎには十分注意してください。

与えるとしてもスプーン一杯など少量にしておくのが良いでしょう。

便秘が続くとどうなるの?

便秘を放置してしまうと体内に便がどんどん溜まっていくので内蔵器官に悪影響を与えたり、食欲が低下するなどします。

嘔吐をしたり黄疸があらわれるなど便秘が進行して巨大結腸症になると最悪の場合は命を落とす事もあるんです。

普段出来る便秘予防は?

猫ちゃんが便秘をしないにこした事はないのは当たり前ですが、飼い主がしてあげられる日頃の便秘対策はどんな方法があるのでしょうか?

食事に気をつけるとか、水分をキチンととらせる、なるべくストレスを取り除いてあげる、毛玉を飲み込みすぎないようにブラッシングでケアをしてあげるといった事が主になるでしょう。

自己判断よりも専門家!

日頃の予防策をすらるのは大切なのですが、実際に便秘の兆候を感じた場合は猫の様子を観察して早めに病院へ連れて行く事が最善の方法です。

やはり飼い主が猫にしてあげられる事というのは限られているので、動物病院などの専門家を頼るのが得策なのは間違いないです。

便秘予防をしてあげるにも間違った方法をするよりも専門家の指導のもと正しい予防策を実行する方が絶対に猫の為だからです。

猫の便秘まとめ

自力で病院に行けない猫の為にも飼い主さんが適切に判断をして病院へ連れて行ってあげる事が大切です。

たかが便秘と思わずに、例え便秘でも早期発見に早期対応というのはとても重要だと認識しましょう。

猫が健康な時から近所にホームドクターを見つけておくと、いざという時にとても助かりますよ。

  • この記事を書いた人

D.yu-ya

猫や犬、生き物全般が好きで猫を飼っていました。 愛猫が他界した事で現在はペットを飼っていないのですが ブログという形でペットについて書いていきたいと思い このブログをスタートしました。 不定期更新ではありますが、よろしくお願いします。

-猫の話し

Copyright© ペット情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.