犬の話し

狂犬病の予防接種率の低下が招く最悪の事態とは?日本に『その日』がやってくる?

投稿日:

狂犬病の予防接種率の低下が招く最悪の事態とは?日本に『その日』がやってくる?狂犬病という病気をご存知でしょうか?

狂犬病は犬だけが患う感染症と考えている人もいると思いますが実は人間にも感染する恐ろしい病気なんです。

日本では長い間、感染例も発症例もない事から若い世代の人たちの中には

『狂犬病を知らない』という人もいます。

狂犬病を知っているアナタは現在の日本は実は狂犬病が復活してもおかしくない状況である事を知っていますか?

ここでは狂犬病の恐ろしさや予防接種の必要性についてご説明していきたいと思います。

致死率100%!狂犬病とは?

alsatian-344065__340
狂犬病というのは狂犬病ウィルスに感染する事で発症する感染症で『狂犬病』という名前なので犬に感染する物というイメージを持ちやすいですが

人獣共通感染症なので犬だけではなく猫にも感染しますし、人間にも感染します。

実際に世界では現在でも年間5万人を超える人が狂犬病の発症により命を落としています。

基本的に人間も含めた哺乳類には感染し発症するウィルスなので、誰にでも感染する危険性があります。

犬や人間に関係なく感染し発症すると致死率は100%という恐ろしい感染症です。

世界中を見渡しても多くの国で現在も狂犬病が発生しています。

スポンサードリンク

日本でも狂犬病はある?

world-117174__340
上の地図を見ていただくと狂犬病の分布の広さがわかるのですが、青く塗った地域だけが現在狂犬病が確認されていない狂犬病清浄地域になっています。

日本も青いですよね?

日本では過去に狂犬病の発症がありましたが、最後に国内発として確認されたのは

人間の発症は1956年で猫の発症は1957年が最後になっています。

ただし、輸入感染事例が数例あって、1970年にネパールで犬に噛まれた帰国者が狂犬病を発症、2006年にはフィリピンから帰国した2名が、やはり現地で犬に噛まれた事が原因で狂犬病を発症したケースがあります。

この3例の発症者は全員命を落としています。

日本では今の所は狂犬病の清浄地域に指定されていますが、今後海外旅行の最中に運悪く狂犬病に感染している動物に噛まれる事による輸入感染がないとは言えません。

また狂犬病に感染している動物がペットとして日本国内に持ち込まれる可能性もゼロとは言えないです。

恐ろしい狂犬病の感染の原因とはいったい何なのでしょうか?

狂犬病は唾液から感染する!

狂犬病は狂犬病ウィルスを保菌する動物の唾液によって感染します。

保菌している動物に噛まれる事は勿論なのですが、唾液感染するという事は舐められる事も危険を伴うという事になります。

例えば切り傷や擦り傷がある場合に、その傷口を保菌動物に舐められた場合や傷口じゃなくても目や口腔内を舐められた場合に感染する危険性は十分あります。

例えば海外旅行に行ったとして現地の犬が狂犬病を発症している場合は明らかに異常行動が目立つので近寄らないと思いますが

発症していない保菌状態の犬の場合は、その犬が狂犬病だという事は判断する事は困難なので

つい近付いたりしてしまう事もあると思います。

その時に突然噛まれたり、傷口などを舐められたりした場合に感染してしまうという事は大いに有り得るケースだと思います。

知識
狂犬病ウィルスの潜伏期間は

1週間~1年と幅広く平均は1か月程度と言われています。

狂犬病を発症した犬の症状は?

dog-407078__340
犬が狂犬病を発症した場合の症状は、発症初期であれば『挙動不審』や『食欲異常』という症状があらわれます。

進行して中期になると凶暴性が目立つようになり異常に吠えるようになり、常に口を半開きにしてヨダレを垂らします。

行動も異常さが現れて来て、あてもなく徘徊して、目は血走り視界に入る動く物には何でも噛みつきます。

この中期の状態が、まさに狂犬病のイメージそのものでしょう。

ちなみに、この凶暴で異常な状態は4日程続くのですが更に進行して末期になると

一転して大人しくなり、それと同時期に立つ事が困難になりヨダレを大量に垂らし麻痺の症状が現れて衰弱して最期を迎えます。

狂犬病の恐ろしさは発症してからの進行のスピードで、発症してから7日程度で最期を迎えます。

スポンサーリンク

人が発症すると症状は?

person-804035__340
人が狂犬病に感染し発症すると以下のような症状が現れます。

強い不安感、一時的な錯乱、恐水症、恐風症、高熱、麻痺、運動失調、全身痙攣。呼吸障害等。

狂犬病を人が発症すると、まずは理由のない不安感を感じるようになります。

周囲の音や臭いに対して異常に敏感になり発熱も現れて一見すると風邪のような症状でもあります。

狂犬病ウィルスは感染すると末梢神経にまで侵入し、中枢神経、脊髄を介して脳に向かって進行していくのですが、進行が脳に達すると神経症状を引き起こします。

恐水症という症状が現れて水を見ると首の筋肉が痙攣するようになり、冷たい風を浴びた時も同様の痙攣を起こす恐風症も現れます。

さらに症状が進行すると一時的な錯乱状態に陥り、軽度の麻痺などの運動障害も現れてきます。

凶暴性を帯びた行動を取るケースもあり、錯乱なかで攻撃的になる場合もあります。

狂犬病による意識の錯乱は、錯乱状態と意識がハッキリした状態が交互に現れるので極めて悲惨な状態に陥ると言われます。

更に進行すると全身の激しい痙攣が起こり呼吸障害の症状が現れ昏睡状態で最後を迎えます。

やはり発症から最期に至るまでのスピードは速く、7日から10日程度で命を落としてしまいます。

日本が狂犬病を撲滅出来た理由は?

japan-112722__340
世界的には今も猛威を振るっている狂犬病ですが、日本では狂犬病は長い間発生していないです。

日本が狂犬病を撲滅する事に成功した理由は徹底的な病原動物対策と言えます。

日本が狂犬病の撲滅に至る経緯をご説明していきたいと思います。

病原動物対策

1900年の初頭の日本は多くの犬が狂犬病を発症し、その犬に噛まれる事による人の狂犬病患者も多数発生していました。

多い年には年間で200人を超える人が狂犬病によって犠牲になっています。

この当時に狂犬病が日本国内で増加した大きな理由として関東大震災による犬の野生化と管理の不行き届きだと言われています。

この事態の解決の為に、当時の家畜伝染病予防法という物を全面改正して狂犬病を発症した家畜は全て殺処分する事を定めました。

それと同時に狂犬病のワクチンの接種の徹底や放浪している野良犬対策などを実施。

このような徹底した対策は予想よりも早く効果をあらわし1930年台の後半になると狂犬病の国内発生をゼロにするに至ります。

再び流行の気配が・・・

一度は国内発生をゼロに抑え込む事に成功したのですが、1940年台後半には太平洋戦争による社会的な混乱が起こり再び放浪する野良犬が増加し

狂犬病が再発生した結果、全国で狂犬病による犠牲者が数十人に達してしまいます。

更なる増加傾向が確認された為再び全国的な動物対策に乗り出します。

1950年に狂犬病予防法が制定されてペットとして飼う犬の登録を義務付けし、年2回のワクチン接種も義務化。

この運動により飼い犬のワクチン接種率は90%以上となり狂犬病の発生は急速に減少していき1957年の発症を最後に狂犬病の国内発生は起こっていません。

当時の日本は狂犬病に対する対応が迅速だった事から現在の狂犬病ゼロという結果に繋がっています。

知識
国内の犬や人の狂犬病を撲滅したのは

世界で日本が最初のケースと言われています。

スポンサーリンク

狂犬病の治療方法は?ワクチンの有効性

狂犬病に対する治療方法というものは今の所存在しません。

狂犬病は一度発症すると治る事のない致死率100%の病気です。

発症した以上助かる事のない狂犬病は、事前の予防が大切になります。

狂犬病のワクチンは飼い犬が毎年受ける予防接種を知っていると思いますが、海外旅行に行く時に狂犬病のワクチンを接種する人は少ないのではないでしょうか?

人が狂犬病のワクチンの接種をする場合は自費診療なので基本的に高く料金設定されているようです。

多くの医療機関では人に対する狂犬病のワクチン接種は1回15000円程度が平均というか相場のようです。

また狂犬病のワクチンは3回接種するので全て接種すると45000円ほどかかる事になります。

愛犬はワクチンの接種していますか?

syringe-2952553__340
飼い犬は毎年4月から6月の間に狂犬病のワクチンを接種させなくてはいけません。

さらに狂犬病の予防注射を受けた後は必ず注射済票の交付を受けなければならないと定められています。

飼い犬をキチンと登録していれば毎年狂犬病のワクチンの案内が送られてくるので必ず接種するようにしてください。

費用は人とは違って3000円程度の場合が殆どで、その他に証明書の発行に550円かかります。

狂犬病のワクチンは必ず受けてください。

現在の日本に再び狂犬病が復活する?

日本では飼い犬には狂犬病のワクチンの接種が義務付けられています。

しかし狂犬病を根絶してから50年以上経過している現在、存在しない狂犬病のワクチンを接種する事に反発する飼い主さんもいます。

実際にワクチンの接種率は年々低下していて、更には飼い犬の登録さえも半数しかされていない状態と言います。

ワクチンの接種率も70%まで低下しているのですが、そもそも飼い犬登録されていない犬が300万匹以上存在するようなので

実質的にワクチンの接種率は更に低下していて全体の半数、50%まで低下している事が予想されます。

WHOは狂犬病の広がりと定着を防ぐには80%以上の接種率が必要とされているので、現在の日本の状態は既に狂犬病復活のデッドラインを割り込んでいるんです。

この状況というのは極めて危険な水準で危機的な状況といえます。

確実に疎かになっている日本の狂犬病に対する危機感は再び狂犬病の復活を許してしまう可能性が高いんです。

さいごに

物事に対する恐怖心というのは、時間と共に薄れて行く物なのかもしれません。

ましてや、その存在が50年以上撲滅されている状況では狂犬病に対する警戒心は薄れていってしまっても不思議ではありません。

ただ、それでも狂犬病は今も確実に存在していて世界では毎年多くに人が犠牲になっています。

狂犬病の復活は決して遠い未来の話ではなくて、今すぐにでも起こってもおかしくないです。

例えば狂犬病は犬だけが感染源ではないので、海外から輸入されてきたペット動物の中に狂犬病ウィルスを保菌している物もいるかもしれません。

再び日本に狂犬病が復活する『その日』が来ないように、一人一人の狂犬病に対する意識改革が重要なのかもしれません。

  • この記事を書いた人

D.yu-ya

猫や犬、生き物全般が好きで猫を飼っていました。 愛猫が他界した事で現在はペットを飼っていないのですが ブログという形でペットについて書いていきたいと思い このブログをスタートしました。 不定期更新ではありますが、よろしくお願いします。

-犬の話し

Copyright© ペット情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.