犬のしつけ

犬との主従関係は子供の内から!失敗しない基礎知識

更新日:

犬との主従関係は子供の内から!失敗しない基礎知識犬はもともと群れをなして生活していた動物です。

その群れには明確な掟として上下関係があって、その中でナンバーワンの犬が群れのリーダーになります。

群れのリーダーは安全な環境や安定した食料確保などを担い群れを安定させる役割を引き受けます。

この上下関係は絶対で下位の犬はリーダーに服従して指示に従います。

犬の群れで言えば子犬は最下位の順位になり母犬や兄弟犬や他の仲間と交流をしていく事で犬社会を学んでいくのです。

アナタに迎えられ人間社会にやってきた子犬はアナタやアナタの家族と自分を含めて一つの群れであると理解します。

その群れの中で誰がリーダーなのかを考えているので子犬の内から家庭でのリーダーは誰なのかという主従関係や家族の順位、子犬の立場をわからせる事が大切な第一歩になります。

家庭での上下関係を教える

人と犬の上下関係
犬は人懐っこいし自分でちゃんと立場をわきまえるかれ賢いと考える人も意外と多いのですが、その考え方は人間の一方的な思い込みや油断でしかありません。

犬が飼い主の指示に従うのかどうかは、その犬が飼い主や家族の存在をどう理解しているのかにかかっているんです。

そしてその自分の立場というものを犬に自然選択させてはいけません。

家庭内での順位や犬の立場はアナタが犬に教え込まなくてはならないのです。

具体的な順位の教え方は後ほど書いていきますが、基本として飼い主は常に犬より上位の存在である事を意識する事が重要です。

犬に順位を教える理由とは?

犬との順位
犬に家庭内での順位と自分の立場を教える理由は大きく2つあると考えて下さい。

1つ目は犬と末永く安定した生活を送っていくため。

そして2つ目の理由は犬を安心させるためです。

この2つ目の理由を大きく勘違いしてしまい、犬を支配する為に順位を教え込むものと考える人もいますが、それは少し違うんです。

犬に家庭内での上下関係を教える理由は犬を恐怖で支配する為ではなく犬を安心させる為だと言う事を忘れないで下さい。

犬はリーダーがハッキリしている群れに居ると自分を守ってくれる存在をハッキリ認識できるので安心します。

ですのでアナタはしっかりと『リーダーは自分』だと子犬に教えて安心させてあげましょう。

そしてこの主従関係をしっかりと認識させる事で以下のようなメリットがあると考えます。

①『愛犬の命を守る事が出来る!』
犬との主従関係を明確にしておけば犬はアナタの言う事をキチンと聞き、守るようになります。
そうすると将来的に散歩中に急な飛び出しで車に跳ねられてしまうという事も防いであげる事が出来ます。
主従関係が確立されていないと犬はアナタの言う事を聞かなくなるのでどんなに制止しても道路に飛び出してしまう事になります。
そんな事にならないように主従関係を明確にしておく事でアナタの号令一つで飛び出しを防ぐ事で結果的に愛犬の命を守る事になります。

②『周囲に迷惑をかけない犬になる』
散歩中に人に噛みついてしまったり、人が通る度に激しく吠えてしまったりと迷惑犬になってしまうと、程度によってはアナタも愛犬も周囲に肩身の狭い思いをしてしまう事になるかもしれません。
特に誰かに噛みついてしまうと愛犬との生活が続けられなくなる場合もあります。
そんな事もアナタがしっかりと主従関係を教えてあげる事でその全てを事前に防ぐ事が出来ます。

このようにアナタと愛犬がいつまでも安心して過ごしていく為に主従関係を築く事はメリットしかありません。

スポンサードリンク

具体的な主従関係の教え方とは?

信頼される犬のリーダーになる
犬にとって順位制とは人間の押し付けではなく、犬にとって必要な制度です。

犬にとっては順位制である事は当たり前の環境で、むしろ明確なリーダーの存在が必要不可欠と言えます。

だからアナタがリーダーになる事が犬にとって可哀想だとか犬とは対等な友達のような関係になりたいとかを考える事はやめましょう。

アナタが尊敬されるリーダーになる為の具体的な方法を8つのポイントに絞って書いていきたいと思います。

【ポイント①:アイコンタクト】
犬から信頼されるリーダーになるには犬に注目される事が大切です。
犬の名前を呼んだら飼い主の目を見るアイコンタクトの習慣をつけていきましょう。
アイコンタクトのしつけ
習慣付けの為に有効な方法はご褒美を手に持ってアナタと犬の目線の間にかざして教えます。
飼い主の目や手に注目させるのは、しつけの基本の1つですので、何度でも繰り返し教えていきましょう。

【ポイント②:ご機嫌取りはしない】
子犬が可愛いあまりご機嫌を取ろうと甘やかすのは逆効果です。
意味もなくほめたり、おやつを与えるという行動はやめましょう。
どんなに可愛くても、ご褒美をあげるのは犬がアナタの命令に従った時だけにしましょう。

【ポイント③:犬の要求に応じない】
主従関係の中で『主』は飼い主ですので犬にせがまれたからといって言いなりになってはダメです。
食事や散歩、遊びなどを犬に催促されても無視します。
無視をするというのは、ワガママは許さないよというメッセージとして有効です。
食事も散歩も遊びも、どうするのかを決めるのは犬でなく人間だと言う事を教えましょう。

【ポイント④:食事は飼い主が先に食べる】
群れの中では上下優先を徹底します。
理想的なのは飼い主や家族などの上位が食べ終わってから犬に食事を与えるのがよいのですが、ある程度しつけが進んでいるなら、犬の食事を用意しておいて『待て』で待機させておき、人間が食べ始めてから『よし』で食べさせても良いです。
子犬の食事は時間を決めて与えるのが良いです。
時間になったら食べ終わってなくても片付ける事で飼い主がいないと食事は食べられないんだと言う事をわからせます。
飼い主が一口でも良いので先に食べるのを待たせるということが大切です。

【ポイント⑤:遊びは飼い主が主導する】
愛犬との遊びは飼い主が主導権を握って、おもちゃも飼い主が管理しましょう。
遊びの開始を飼い主が決めて、終わりも飼い主が決めます。
愛犬が遊び足りないくらいで遊び道具を取り上げて遊びを終わらせます。
子犬は遊びの中で様々な事を学んでいくので、遊んで良い時間や休む時間は飼い主がコントロールしましょう。
遊びを切り上げたら、おもちゃを全て片付ける事が重要で、一つでもおもちゃを残しておくと犬の本能で『これは奪い取った戦利品』と見なしてしまいます。
戦利品は渡さない、全ては飼い主がコントロールするというのが絶対です。

【ポイント⑥:マズルコントロール】
マズルコントロール
犬の鼻先から口にかけた場所をマズルと言い、犬社会ではリーダーや母犬が子犬のマズルを噛み犬社会のルールを教えます。
マズルを噛む事は犬社会では支配の証であり主従関係の確認でもあります。
飼い主は1日に1回は体を撫でるなどとスキンシップの時に手をマズルの上に軽く置いて少しの時間押さえる習慣をつけましょう。
このマズルコントロールは愛犬が小さい内になるべく早く始める事をオススメします。
早い段階でしつけをする事は後々になってからの事を考えるとアナタにとっても、やりやすいですし愛犬にとってもスムーズに受け入れやすいからです。
マズルコントロールの注目点としては、マズルコントロールは罰ではないので無理強いはしない事と突然マズルを握るような事はやめましょう。
スキンシップの中で少しずつマズルに触れていき、マズルに触れられる事に慣れてきたら、優しく押さえてみましょう。
更に慣れて来たら軽くマズルを握ってみるなど段階を踏んで実践していく事が大切です。
このマズルコントロールは後々の噛み癖を直す事などにも効果を発揮しますよ。

【ポイント⑦:玄関の出入りは飼い主が優先】
散歩に行く時や散歩から帰ってきた時の玄関の出入りは絶対に飼い主が先になるようにしましょう。
玄関というのは犬にとってテリトリーの境界線ですので、そこの出入りを犬に先行させると愛犬は自分が上位なんだと勘違いしてしまいます。
特に子犬の時に外に連れて行く場合は徹底して飼い主が先行しましょう。
テリトリーから出る、テリトリーに戻るという重要な判断はリーダーが決める事なのです。

【ポイント⑧:寝床はわける】
ついつい可愛い愛犬と同じベッドで眠るという関係を子犬時代には特に作ってしまうケースも多いと思いますが、これは小さな子犬時代から避けましょう。
同じ部屋で眠るのは構いませんが、その場合でも愛犬用の寝床を用意しましょう。
同じ布団やベッドで眠るというのは犬からしてみれば飼い主を同じランクの仲間だと認識してしまいますので、寝床はキッチリと区別してケジメをつける事が大切です。
可愛い愛犬と同じ布団で眠りたい気持ちはわかりますが、グッと堪えましょう。

飼い主と犬の上下関係のまとめ

上下関係まとめ
愛犬をしつけていこうと考えると、そこに必要なのは飼い主と犬の信頼関係であり上下関係です。

この主従関係が上手く確立できていないと犬はアナタをリーダーだと認めずに、次々と困った行動を取るようになっていくでしょう。

主従関係が必要だと言っても、アナタが独裁者のように威張って乱暴に接すると犬はアナタに対して恐怖心や不信感を募らせていきます。

しつけと支配の違いを飼い主自身がキチンとわきまえる事も必要です。

ダメな事はダメだと一貫して犬に混乱を与えないようにしなければいけませんし、飼い主自身がブレない態度を持つ事を心がけましょう。

どんなに小さな事でも犬がアナタの言うことを聞いたり、良い事をしたら大袈裟なくらい褒めてあげる事で犬に自信を持たせたり、犬にとって恐怖支配にならないように、特に子犬時代は噛まれたくないものは、あらかじめ飼い主が犬の届かない場所に移動するなど気遣う事も必要です。

いちいち怒鳴ったりしていると子犬は萎縮してしまうので、恐怖心を植え付けるだけになってしまいます。

ゴミ箱をあさってゴミを撒き散らすようならゴミ箱ごと片付けるなど先手でトラブルを予防していきましょう。

なんにせよ、これからの長い愛犬との生活の中で様々なしつけを進めていく上で、主従関係の明確は絶対必要なものですので、曖昧にする事なく徹底して教え込みましょう。

  • この記事を書いた人

D.yu-ya

猫や犬、生き物全般が好きで猫を飼っていました。 愛猫が他界した事で現在はペットを飼っていないのですが ブログという形でペットについて書いていきたいと思い このブログをスタートしました。 不定期更新ではありますが、よろしくお願いします。

-犬のしつけ
-

Copyright© ペット情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.