猫の話し

猫の迷子!家出?事故?探し方まとめ!

更新日:

猫の迷子!家出?事故?探し方まとめ!室内だけで猫を飼っている場合は心配はないのですが、自由に外と家を行き来する外猫の場合は猫の迷子や家出という問題に悩まされる事があります。

猫が帰って来ない時は『事故にあっていないか』『喧嘩して傷ついていないか』『帰って来たくないのかな?』など様々な不安を覚えるでしょう。

猫が帰って来ない場合は家出、迷子などのトラブルにわけられますが猫が行方不明になった場合の対処法などをご紹介していきたいと思います。

猫が帰ってこない!原因は?

20160805_223230
アナタの猫が帰って来なくなった原因を家出なのか迷子なのか事故なのか特定するのは難しいです。

例えどちらの原因だとしても『そのうち帰ってくる』と楽観視するのは危険です。

猫が帰って来なくなった場合は一刻も早く捜索を始めて、あらゆる手をうつ必要があります。

具体的な捜索方法や対処法の前に猫がいなくなるケースを詳しく説明してみたいと思います。

猫の家出とは?

猫は突然家出をする場合がありますが家出の原因として多いのが

①『環境の不満が原因』
新しい家に引っ越したとか部屋の模様替えをしたという理由で新しい環境に不満を持って出て行ってしまう事がありますし、更に新たにペットを迎えた時などに飼い主の気持ちが新しいペットに向けられていると感じてジェラシーを燃やして家出する事もあります。

例えば犬の場合は環境が変わっても順応しようとしますし、新しいペットが増えても飼い主の気持ちを取り戻そうとするのですが猫は全く逆で反抗的な行動で飼い主に思い知らせようとしますし、完全に新しい縄張りを獲得するという決意を持って家出するという事もあります。

②『恋人探しが原因』
次の原因として散歩中に恋人探しを始めて異性を求めてさ迷う内に他の猫のテリトリーに侵入してしまい、段々とそのテリトリーに居る猫と仲間になって同化をして仲間と暮らし始めるというケースです。

この場合は外出頻度が増したり、外出している時間が長くなるなどの兆候があって少しずつ猫仲間と居る時間が増えていってある日突然完全にそちら側に同化する事で帰って来なくなるというパターンが多いです。

③『体調不良の原因』
そして最後のケースが体調不良です。

野生の動物は体調が悪くなると外敵に襲われないように敵から見つかりにくい場所に身を隠して体調の回復を図る事があります。

猫も具合が悪くなると野生動物のように身を隠して体調が回復するのを待つ場合があります。

スポンサードリンク

猫の事故とは?

猫も突然のトラブルによって帰りたいのに帰れない状況に陥る事があります。

その代表的な例が事故にあってしまう事です。

猫が事故にあうというと交通事故を真っ先に思い浮かべると思いますが、決して交通事故だけではありません。

家の外というのは飼い主が考えているよりも猫にとって危険がたくさん潜んでいるんです。

交通事故の他にも殺鼠剤(さつそざい)や除草剤で例えば殺鼠剤で弱ったネズミを猫が仕留めて食べてしまった場合、当然のように殺鼠剤は猫の体内で毒となります。

除草剤も同じで除草剤が散布された草を食べてしまったり草の上でゴロゴロした場合は除草剤が体中に付着します。

その除草剤が付着した体を毛繕いした場合はやはり毒を体内に取り込んでしまう事になります。

そして交通事故は特に夜間が危険で【猫の目の意外と知らない秘密と豆知識!】でも書いてあるように、猫は暗闇の中で多くの光を取り込もうと瞳孔を大きく開いていますので、そこに自動車のヘッドライトで照らされると猫は視界がなくなります。

何も見えない状態に陥った猫に車を避ける術はないんです。

交通事故は昼間でも危険なのですが特に夜間は危険が倍増してしまいます。

また外出中にイヌやカラスなどに攻撃されてしまうという事故もありますし、時には蜂にちょっかいを出して襲われるというケースもあります。

そして猫にとって人間が害になる場合もあって散歩中の猫を苛める人もいますし、捕獲しようとする人もいます。

外の世界は猫にとって危険だらけなんです。

猫の迷子とは?

20160805_223247
猫は帰巣本能が発達しているんですが、ひょんな事から迷子になってしまう事があります。

例えば普段は交通量が多くて渡れなかった道路を渡れてしまった場合に家に帰ろうとした時には、やはり交通量が多くて渡れなくなってしまうとか他の猫と揉めて逃げ出したら遠くまで必死に逃げてしまって帰り道を見失ってしまうといったパターンがあります。

猫の迷子は室内猫でも油断が出来なくて、例えば猫を連れて動物病院に向かっている時に猫が何かの拍子に逃げ出してしまうという事があります。

室内猫にとって外の世界というのは完全に未知の世界ですので普段外出している外猫よりも危険が多くなってしまいます。

例え家の近くで逃げ出してしまったとしても迷子になる事がかるんです。

スポンサーリンク

猫が迷子になったらどうすれば良い?

猫が帰って来なくなった場合はとにかく周辺を捜索する事が先決です。

徹底的に周辺を捜索しても見つからない場合はチラシを作ったり、関連機関や施設に問い合わせをするといった対応も必要になってきます。

チラシは動物病院やスーパーや銀行などに頼んで掲示板に貼らせてもらえるように頼んでみましょう。

それでは猫を効率よく探す為の手順を詳しく書いていきたいと思います。

いなくなった周辺を探す

アナタの猫が外猫の場合は猫の行動範囲を把握している必要があります。

詳しく猫の行動範囲を知るのは難しいでしょうから、ざっくりと猫の行動範囲は自宅から半径50メートルから200メートル程度です。

ですので大抵の場合はこの範囲を探せば猫を発見出来る確率が高いのですが、それでも見付からない時は猫が何らかのトラブルに陥っていると考えましょう。

また室内猫の場合は知らない場所におびえていて、すぐ近くの物陰に隠れている事が多いです。

逃げ出してしまった場所の周辺の物陰を徹底的に探してみましょう。

外猫も室内猫も昼間に探して見つけられなかった時は夜にもう一度探してみる事が大切です。

室内猫は夜になって周辺が静かになると落ち着きを取り戻して隠れていた場所から出てくる事があるからです。

この時は大きな声で呼ばずに落ち着いた優しい声で呼ぶと猫が反応してくれる可能性が高まります。

そして猫を探しに行く時はキャリーバッグを持って探しに行くようにして発見したら速やかにキャリーバッグに入れましょう。

関連機関や施設に連絡をする

必死に探してもどうしても猫を見付ける事が出来ない場合は保護されている可能性を考えて保健所や動物愛護センターなどに連絡をしましょう。

保健所は猫の失踪や保護の届け出を受け付けているので失踪の届け出をしておくと保護された時に飼い主に連絡をしてくれます。

動物愛護センターは怪我や病気の猫を数日収容して飼い主が見付からない場合は処分する場合もあるので問い合わせてみましょう。

猫の迷子サイトを利用してみる

20160805_223845
インターネットの迷い猫の情報を共有するサイトを利用してみるのも良いです。

大抵は地域別に投稿出来るようになっているので自分の住む地域に投稿して情報を求めるという方法が良いでしょう。

迷い猫.net
迷子猫を地域別に探せたり情報を求める情報掲示板サイト。

収容動物データ検索サイト
環境省が運営している地方自治体の動物保護センターや保健所に保護収容されている動物を検索する事が出来るサイトです。

獣医師広報板
獣医師広報板は全国の迷い猫の保護施設の連絡先が記載されていて迷い猫や保護猫の情報交換が出来る掲示板もあります。

そのほかの方法は?

猫が居なくなってしまうまえに迷子札やマイクロチップをつけるという方法があります。

迷子札は飼い主の電話番号や猫の名前を書いて首輪から下げるのですが、これは飼い主の個人情報を晒してしまうというデメリットもあります。

あまり迷子札に気乗りがしない場合はマイクロチップを考えてみましょう。

マイクロチップは登録した猫の情報がデータで読み取れるもので動物病院で皮下に注入するので紛失する心配もないですし飼い主の個人情報が無防備になる事もありません。

また家の周りの静かな場所に居なくなった猫の尿をすったトイレの砂を置いておくという方法もあります。

夜に置いておいてあげると猫が戻って来ている事が結構あります。

集合住宅の場合は周りの迷惑にならないように注意しましょう。

猫の迷子まとめ

猫が行方不明になるととても焦ってしまうと思いますが、まずは居なくなった場所から最大半径200メートル以内をくまなく探して下さい。

居なくなった猫を見つけた時はすぐ側で見つけたというケースが殆どですので集中的に狭い範囲を探しましょう。

下だけでなく上も探す事が肝心です。

必ず見つけ出すという強い気持ちを持って探してみて下さい。

迷子になった猫は例外なく怯えているはずなので大声よりも優しく語りかけるような柔らかい声で探すと猫がひょっこり出てくる事もありますので飼い主さんがパニックにならない事が大切です。

猫はアナタを待っています。きっと見つけてくれるとアナタを信じて待っているのでアナタも決して諦めないで下さい。

  • この記事を書いた人

D.yu-ya

猫や犬、生き物全般が好きで猫を飼っていました。 愛猫が他界した事で現在はペットを飼っていないのですが ブログという形でペットについて書いていきたいと思い このブログをスタートしました。 不定期更新ではありますが、よろしくお願いします。

-猫の話し

Copyright© ペット情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.