猫の話し

猫と一緒に旅行へ行く!備えあれば大丈夫!(国内編)

投稿日:

猫と一緒に旅行へ行く!備えあれば大丈夫!(国内編)ゴールデンウイークやお盆など長期の休日が続くと旅行に行こうかと計画を練る人も多いと思います。

ところが、旅行には行きたいけれど、愛猫が心配・・・という状態の人もまた、多いのではないでしょうか?

猫を預けようか?お留守番は平気なのか?

と猫の心配ばかりの旅行というのは心苦しい旅になってしまうのではないでしょうか?

それならば、思い切って猫と一緒に旅行に出かけるという選択肢もあります。

『そんな事出来るの?』と考える飼い主だんも多いと思いますが

キチンと手続きをしておけば猫と一緒に旅行する事は可能なので詳しくご説明していきたいと思います。

猫と旅行に行く前に大切な準備


愛猫と一緒に旅行をしようと考えた時に、思い立って『よし!行こう!』というのは流石に無理があります。

いや、旅館や遊ぶ場所は確保できるかもしれませんが、ここで言っている事は

猫の準備が整っていないという問題です。

タマ
突発的に旅行なんて拷問だニャ!

とタマが怒るのも無理はありません。

大前提として愛猫と旅行に行くにはパニックを起こさないように外出する事に慣らす事が大切です。

普段は気ままに自由に過ごしている猫を突然キャリーバックい入れて遠くに連れて行くなんていうのは拷問です。

タマ
不安だニャ・・怖いニャ・・

無理に連れて行った所でパニック状態に陥り見知らぬ土地で大脱走なんて事になりかねません。

猫とともに楽しい旅行をする為に外出に対する免疫をつけておく事は最低限必要な事です。

猫と旅行に行く前に慣らしておきたい項目を解説したと思います。

スポンサードリンク

リードに慣らす事


基本中の基本としてリードに慣れておくという事はとても重要です。

いきなり外でリードをつけるのではなっく始めは家の中で猫にリードをつけて歩かせる事から始めていきます。

そもそも猫はリードを付けられる事自体が嫌なので猫が寝ている時にサッとリードをつけてあげると良いです。

リードも種類が多く販売されているので愛猫に合ったリードを選びましょう。

理想的なのは猫の体にぴったりと合って首を絞めつけないサイズです。

タマ
リードが苦手だけどパニックになった時に
行方不明にならないように大切だニャ

実際に散歩に行く


部屋の中でリードをつける事に慣れてきたら次は実際に外に出てみましょう。

いきなり人が多い場所に行くのではなく初めのうちは早朝など人も車も少ない時間帯を選ぶと安全です。

散歩といっても犬と違って猫の場合は気ままなペースで歩いたり止まったりするので犬の散歩のようなイメージは持たない方が良いです。

キャリーバックに慣らす

リードと散歩に慣れてきたら、次はキャリーバックに慣れてもらいましょう。

キャリーバックは日常的に部屋に置いておけば警戒感はなくなっていくので

場所があるならキャリーバックは常に開放して置いておくと良いと思います。

キャリーバックに入る事を拒否しなくなると、リードを付けたままキャリーバックに猫を入れて

遠出をしていくと良いです。

この時の移動手段は車や電車を使うなど色んな方法での移動を経験させておくと良いです。

旅行時に移動のケース


旅行への移動手段は車で全て完結するという場合は心配は少ないと思いますが公共交通機関を利用する事もあると思います。

交通機関に『猫を乗せて平気なの?』と疑問に思う人もいると思うので解説していきます。

また、実際に猫と一緒に宿泊できる施設に関してもご紹介したいと思います。

電車の場合

電車にはJRと私鉄があるのですが、JRの場合は猫を同乗させる時にはキャリーバック等に猫を入れておけば基本的にOKです。

手回り用品の切符を280円で購入してハッキリと見える位置につけて下さい。

キャリーバックのサイズには上限があって長さ70センチ以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチ程度で重さが10キロ以内のものと決まっているので注意しましょう。

私鉄の場合は各社によって異なり、無料の場合もあればJRと同等の金額が掛かる場合もありますので要確認です。

スポンサーリンク

バスの場合

バスは会社によってバラバラではあるのですが、基本的にバスはペットの持ち込みに対する規定はない事が多いです。

料金も無料というケースが多いので、よほど混雑している時間帯でなければキャリーバックを持って乗車する事ができるようです。

とはいっても他の乗客に迷惑をかけない事が前提なので大声で鳴いていたりして苦情がでると降車させられてしまう事もあると考えておきましょう。

ただ、バスの運行種類によって決まりがバラバラなので確認はしておいた方が無難です。

バスのペット規制

バスは路線や夜行、貸し切りと種類が様々です。

  • 路線バスは「手荷物品」として乗車可能
  • 高速バス(夜行バス)は持込不可!
  • 貸切バスは、バス会社により対応が異なる

 

タクシーの場合

タクシーの場合は企業としての規定はないようです。

タクシードライバー個人の判断が大きいようです。

タクシーの場合は猫を乗せるからと別料金を取られる事はないですが

そもそも猫が嫌いなドライバーに当たった場合は乗車を拒否される事もあると思います。

乗車の前に『ペット大丈夫ですか?』と確認しておけばトラブルになる事はないでしょう。

飛行機(国内)の場合

機内への持ち込みは出来ないと考えてください。

超過手荷物の扱いになるので原則としてペットは貨物室での預かりになります。

航空会社も貨物室は空調や温度をコントロールしてくれているので安心して預ける事が出来ます。

ペットケージは貸出の制度もあるので利用しても良いでしょう。

ケージの規格

飛行機でのペットの預かりリスクを減らす為に以下の条件は守りましょう。

  • 強度があり頑丈で屋根がついた航空輸送に耐えうるケージ
  • 通気性のあるもの
  • ペットが十分に動けるスペースがあるもの。

 

船の場合

船は船内にキャリーバックを持ち込める所が多いです。

ここは船舶の会社によって条件は様々あんおで詳しい条件は船舶会社に問い合わせた方が確実です。

猫OKのホテルを探す

旅行に行く場合は宿泊場所を事前に探す事は基本なのですが、この時に猫も一緒に泊まれる施設を探す事でより楽しい旅行になると思います。

ペットと泊まれる宿検索で検索すると意外と多くの宿が見つかると思います。(リンク先:楽天トラベル)

猫と宿泊できるとは言っても、宿泊の形態は様々なので事前にしっかりと確認しておきましょう。

宿に着いたら、猫に関する決まり事をしっかりと確認しておきましょう。

特に館内の移動時に猫をキャリーバックに入れておけば一緒に移動して良いのか?などの部分は大切ですよね。

長旅であるほど、部屋に入ると、すぐに猫を自由にしてあげたいと思うのが飼い主心だと思いますが

その前にトイレの準備を必ずしましょう。

猫を自由にした後にトイレをせっせと用意していると猫が粗相してしまう可能性があるからです。

長旅の道中、トイレを我慢している事もあるので、部屋を汚さない為にもトイレの用意が最優先です。

さいごに

例えアナタの愛猫が外出が好きな猫だとしても旅行というのは心理的なストレスが掛かる物なので

何よりも猫の為にも余裕を持った計画をたてる事が大切です。

あまりにも愛猫の様子がおかしいと感じる場合は旅行を強行しないで思い切ってキャンセルするか

途中で予定を変更して旅行を終えるなどの決断は常に選択肢に入れておきましょう。

  • この記事を書いた人

D.yu-ya

猫や犬、生き物全般が好きで猫を飼っていました。 愛猫が他界した事で現在はペットを飼っていないのですが ブログという形でペットについて書いていきたいと思い このブログをスタートしました。 不定期更新ではありますが、よろしくお願いします。

-猫の話し

Copyright© ペット情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.