猫の話し

猫の寝相に隠された2つの理由!

更新日:

猫の寝相に隠された2つの理由!アナタの猫はどんな姿勢で寝てますか?

毎日同じような姿勢で寝ているというよりも日によって寝方も様々なのではないでしょうか?

猫の寝相にもいろいろあって、随分不思議な寝方をする猫もいます

丸くなって眠ったり、体を開いて前後の足を伸ばして眠ったり、バンザイのように眠る場合など様々です。

この猫の寝相は2つの要因があらわれているので、詳しく猫の寝相について書いてみたいと思います。

『寝相』でわかる猫の気持ち!

猫の寝相からわかる2つの要因は『気温』『リラックス度』です。
猫は寒さという環境には本当に弱いので冬が近付き寒くなるにつれて体を丸めて寝るという姿になっていきます。

そして気温が高くなっていくにつれて体を広げはじめて、夏になり暑さのピークを迎えるとお腹を見せて眠る寝相になっていきます。

暑さに弱い猫は何℃位が適温なのでしょうか?

もちろん個体差はありますが、一般的に猫が快適に過ごせる温度は18℃~27℃です。

18℃を下回ると寒い感じ始め、27℃を超えていくと暑く感じ始めます。

このように、寝相からわかる猫の気持ちの一つは『気温』になります。

そして、気温の他に寝相からわかる猫の気持ちは『リラックス度』です。

暑くなるとお腹を見せて寝る猫もいると書きましたが、急所であるお腹を見せて眠るというのは飼い猫の特有の寝相と言えます。

警戒心の強い野良猫が外でお腹を見せてバンザイしながら寝るという事はめったにないです。

猫の寝相による猫の気持ちをまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

お腹を見せる寝相の理由

お腹を見れる寝相
猫がお腹を見せてグーグー寝ているのは安心しきっていて警戒心がないからです。

猫は今の環境には天敵はいないし、飼い主であるアナタに対してとても安心しているという心理があらわれています。

猫の一番の急所であるお腹を見せて足を伸ばして寝るというのは猫の心に少しでも警戒心があれば見られません。

普段は安心しきってお腹を見せてグーグー寝ている猫も、見知らぬお客さんがアナタの部屋に遊びにきたり、泊まっていったりすると体を縮めて寝ているはずです。

安心している環境に知らない人物が居るとお腹を見せて眠らないんです。

なので猫がこんな寝相の時は
20160608_210304
環境と飼い主に心から安心しきっていて、一片の警戒心ももっていないリラックス状態なのです。

気温状態:『暑い』
心理状態:『完全リラックス状態』

横になり足を伸ばしている寝相の理由

20160608_212558
猫が横になって足を伸ばして寝ている寝相もリラックス状態のあらわれです。

一般的というか、よく見る寝相でもあると思いますが、この寝相もお腹を見せる寝相もリラックスという意味では大きな違いはありません。

この寝相は気温で言うと『適温』の場合でお腹を見せる寝方と、この寝方の違いは気温の違いという要素が強いです。

どちらの寝方も環境や飼い主を信頼しきっている事に変わりはないので、『暑いんだな~』とか『適温なんだな~』と見守ってあげて下さい。

気温状態:『快適』
心理状態:『リラックス状態』

座って寝る理由①

香箱座り
写真のように座った状態で眠っているのは猫がくつろいでいる状態です。

前足を折り曲げて胸の下にしまっているこの姿勢は『香箱座り:こうばこずわり』と呼ばれていて猫の心理的には、くつろいでいる状態です。

前足を折り畳んで胸の下にしまうというのは、とっさの時にすぐに逃げたり回避行動に移れないので警戒している時は香箱座りはしません。

日光浴をしている時に香箱座りでうたた寝をしている姿をよく見ませんか?

ほんの少し肌寒い時にも香箱座りで眠る事が多いですよ。

気温状態:『少し肌寒い』
心理状態:『くつろいでいる状態』

座って眠る理由②

20160608_214450
座って眠る理由①ではくつろいでいる状態の香箱座りでしたが、今回の座っている寝相は警戒している時の寝相です。

前足を折り畳んで胸の下にしまう香箱座りと違って、前足を地面に付けて、すぐにでも行動出来る状態で眠っているのは猫が警戒心を持っている証拠です。

室内でも窓際で日光浴をしている時に外を警戒していると、この状態で眠っている場合があります。

窓の向こうで何かが起きた時にすぐに窓際から離れる事が出来るようにしているのでしょう。

また、知らない人が遊びに来ている時にもこの寝方をよくします。

気温状態:『適温~肌寒い』
心理状態:『警戒状態』

目を隠す寝相の理由

20160608_222111
猫が前足で目や顔を隠している寝相は『眩しい』からです。

照明を遮る為のアイマスク代わりに前足で顔を隠しているんです。

元々、猫は暗い場所で単独で寝る事を好み、室内でも眩しければ暗い部屋に行ったりと眩しくない場所を探して眠る時もあります。

それでも手で顔を隠してまで、その場で寝るというのは『眩しいけど飼い主の近くにいようかニャ』という猫の甘えでもあります。

眩しさを我慢してでも一緒に居たいと言う猫心を思うと愛らしいですよね。

ちなみにこんな寝方も
20160608_222124
同じ理由なんですよ。それだけ猫に愛されていると考えて下さいね。

気温状態:『適温』
心理状態:『眩しい・甘え』

狭い所にハマって寝る理由

猫が時々とんでもない所で寝ている事はありませんか?

袋の中や箱の中などetc.

どうしてそんなに狭い所で寝るの?苦しくないの?と不思議に思った事もあると思いますが、これは自然界で生活していた時の猫の習性の名残です。

猫の祖先は昔は視界の良い平野ではなく草むらや藪の中で暮らしていました。

そして眠る時は外敵から身を守りやすい木の上や木の穴などに寝床を確保していたんです。

そのため、今でも箱や袋など、潜り込めるものを見ると入りたくなってしまったり、落ち着いてそのまま寝てしまったりするんですね。

気温状態:『適温』
心理状態:『リラックス状態』

体を丸めて眠る理由

体丸める猫
猫が体を丸めて寝る姿は寒い場合と警戒している場合です。
飼い主と居る時に体を丸めて寝ているのは寒いという場合が殆どでしょう。

猫が体を丸めて眠る理由について面白い一説があるのでご紹介します。

猫は外敵を威嚇する時に『シャー!』と声を出しますが、この『シャー!』という威嚇の声は蛇の真似をしているという説です。

面白い事に、猫の蛇の真似は体を丸めて寝る寝相は、トグロを巻いた蛇の擬態(ぎたい)という説があるんです。

体を丸めて尻尾をフリフリしている姿は言われてみると蛇に似ている・・・のか?

猫が本当に蛇の擬態をしているのかはさておき、体を丸めて寝ている猫は警戒心を持っている事は間違いないでしょう。

気温状態:『寒い』
心理状態:『警戒状態』

猫の睡眠の不思議

1日24時間の内の14~18時間は寝ている猫は、あまりにも寝るので『寝る子』が転じてネコと呼ばれるようになったという一説がありますが、あながち間違いではないなぁと思うほど本当に猫はよく寝ます。

では猫はどうしてそんなに寝てばかりなのでしょうか?

猫がよく眠る理由は寝る事でエネルギーを蓄えて節約する為という説が有力です。

本来、肉食獣である猫は狩りをする時の為に体力を温存するという本能があります。

たくさん寝る→体力を消費しない→体力を消費しないとお腹がすかない→お腹がすかないと狩りをする回数を減らせる→狩りをする回数を減らせるとたくさん寝れる

このようなサイクルが猫の眠ってばかりという生活サイクルを作ったと言われています。

特に人に飼われるようになった猫は狩りに費やす時間がいらなくなりましたので、猫の睡眠時間は延びていくと考えられています。

猫がたくさん寝るというのがわかった所で、猫の睡眠時の不思議について書いていきたいと思います。

猫が寝場所をコロコロ変える理由

猫はさっきまで窓際で寝ていたかと思うと、気付くとタンスの上に移動して寝ていたり、時にはお風呂場の近くで寝ていたりとコロコロと寝場所を変えます。

これは単純により快適な場所に移動しているという事なんです。

こう言うと『猫は寒がりだから暖かい場所に移動している』と考えるでしょうし、それも正解なのですが、それだけではないんです。

猫の1日の体温の変化を分析すると夜に比べて朝の方が0.5℃程度体温が低い事がわかっています。

そしてストレスを受けたり興奮状態の時には体温は上昇します。

猫は同じ気温の下に居ても、その時々によって暑さや寒さの感じ方が違うという事になります。

寒がりのイメージが強い猫ですが、実は暑がりでもあります。

僕たち人間のように汗腺が発達していれば暑い時には汗をかく事で体温調節が出来ますが、汗腺が少ない猫は体温調節が大の苦手です。

暑い時には涼しいところへ、寒い時には暖かいところへとコロコロと寝場所を変えているんですね。

猫が寝る前に足踏みする理由

猫は眠る前に前足で布団を踏み踏みしませんか?

子猫の時代の猫はお母さん猫にお乳をもらうときにお母さん猫のお乳を踏み踏みして押します。

母乳の出をよくしようという子猫時代の本能で、こういう行動を取るのですが、とっくに乳離れしている大人になった猫も前足を踏み踏みする事があります。

成長した猫はストレスなどにさらされると柔らかい布団の上で足を踏み踏みする行動を取ります。

こうする事で幼い頃の幸せな気持ちがよみがえるのです。

飼い猫が布団の上で足を踏み踏みしていたら寂しさや不安を感じている証拠です。

猫って寝言を言ったりする?

人間と同じように猫も寝言を言います。

寝ている猫がムニャムニャしていたり、ウーウーと小さくうなっているのを聞いた事はありませんか?

それが猫の寝言で、猫の寝言は人間と同じように体は寝ているのに脳は活発な状態のレム睡眠の時。

そして猫が寝言を言って寝ているのは飼い主を信頼して十分にリラックス出来ている証拠です。

猫は夢を見る?

猫が夢を見ているのかという事を調べる実験を行った人物がいます。

フランスのミシェル・ジュベという科学者が猫の脳内にある筋肉を弛緩(しかん)させる部分に傷を付けました。

すると体が寝ているレム睡眠中でも体を自由に動かせるようになるのですが、この実験で猫は睡眠中に体を舐めたり、獲物を追いかけるような素振りを見せたんです。

この事から猫は睡眠中に夢を見ているという事が結論付けされたんです。

寝起きの猫が大あくびする理由

猫のあくび
猫が寝起きに必ずといっていいほどするのが『あくび』ですが、奥歯までハッキリと見える大きなあくびをする理由はなんなのでしょうか?

睡眠が足りないようにも見えますが、そうではなくて酸素不足を解消するためです。

睡眠中には呼吸レベルが低下しているので、寝起きの大きなあくびで筋肉や脳に大量の酸素を取り込んでいます。

そして、あくびをした後に続けて体を伸ばす姿を見ませんか?

背中を伸ばし、前足を伸ばし、最後に後ろ足を伸ばす理由は吸い込んだ酸素を体全体に行き渡らせているんです。

どうして飼い主にお尻を向けて寝るの?

気づいたら飼い主である自分にお尻を向けて寝ていたなんて事はありませんか?ありますよね?

『可愛がってるのにお尻を向けるなんて!』とムッとしてしまいそうですが

これは飼い主であるアナタを軽く見ているワケでも馬鹿にしているワケでもないので安心してください。

飼い主にお尻を向けて眠るというのは飼い主であるアナタを信頼している証拠なんですよ。

自然界では誰かにお尻を向けて寝るなんて事は有り得ません。

後ろから襲われたら一巻の終わりですので。

だから、アナタにお尻を向けて寝ているという事は猫が安心しきっているという事なんです。

お尻を向けられて良い気持ちがしてなかったアナタも猫が信頼しきっている証拠とわかれば、優しく見守れますよね?

猫が飼い主の布団に入ってくる心理

猫がやたらと布団の中に潜り込んでくるのって可愛いですよね。

これって、寒いから布団の中に入ってきてると思いますよね?もちろん、それもそうなんですが、実はそれだけが理由ではないです。

実は猫は人間の脇の匂いが好きというビックリな事実があります。

人間の脇から分泌される匂いは母猫の乳首から出る匂いとそっくりなんです。

飼い主の脇の匂いをかいで母猫から母乳を貰っていた頃を思い出しているのでしょう。

時にはグイグイと脇に頭を突っ込んでくる事もあると思いますが、これは母猫の毛をかき分けて乳首を探している時の仕草ですから、完全に子猫モードでアナタに甘えている状態なんですね。

まとめ

とても愛くるしい猫との生活ですが、あまりに可愛いからいっても同じ布団で寝たり、口を舐めさせるというような行動はオススメは出来ません。

感染症などのリスクは0ではありませんので、可愛くて、ずっと一緒にいたいと思うからこそ適度な距離を保つ事が猫にとってもアナタにとっても幸せになる手段と言えます。

今日はどこで昼寝してるのかなー?とか、今は気温が丁度いいんだなーとか観察してみるのも面白いものですよ。

  • この記事を書いた人

D.yu-ya

猫や犬、生き物全般が好きで猫を飼っていました。 愛猫が他界した事で現在はペットを飼っていないのですが ブログという形でペットについて書いていきたいと思い このブログをスタートしました。 不定期更新ではありますが、よろしくお願いします。

-猫の話し
-

Copyright© ペット情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.