猫の話し

猫同士に友情はある?気になる猫同士の関係性!

更新日:

猫同士に友情はある?気になる猫同士の関係性!

猫同士の関係性の疑問

飼い主と猫の関係ばかりに目が向きがちになってしまいますが、猫同士の関係について疑問に思った事はありませんか?

猫同士に友情はあるの?とか、新しい猫を迎えると猫同士仲良くしてくれる?とか、離れ離れの兄弟の事を覚えているの?など。

猫同士の関係性について詳しく見ていきたいと思います。

猫は離れ離れになった兄弟の事を覚えているの?

20160818_205059
猫はたくさんの兄弟がいますが、生涯兄弟と一緒に暮らせる猫というのは一握りでしかありません。

大抵の猫たちは兄弟バラバラに新たな飼い主さんの元へ貰われていきます。

では、離れ離れになった兄弟の事って覚えているのでしょうか?懐かしんだり、悲しんだりしているのでしょうか?

結論は『忘れます。』

兄弟と別れて1ヶ月程度は覚えていると考えられていますが、それ以降は見事に忘れます。

むしろ、別れた後1年以上経って偶然再会した場合はお互いが兄弟の事を侵入者や敵とみなして喧嘩になる事すらあります。

兄弟の事や共に暮らした仲間の事を覚えているのは基本的に群れで生活する動物で、更に知能が高い動物のみです。

猫は元々群れずに単独生活をする動物なので仲間意識というのは低いんです。

また単独で居る事を寂しいと思いませんので兄弟の事を思い出す事もないんです。

スポンサードリンク

猫に友情ってあるの?

猫同士に友情がないとは言えないというのが答えです。

単独行動をする猫はライオンやトラと同じ肉食獣でもあって、肉食獣というのは一定の範囲に少しの頭数しか共存出来ません。

何故かと言うと一定の範囲内ではエサが限られているからです。

そういう面で考えると単独行動をする肉食獣は友情より生きる為のエサの方が重要です。

猫同士に友情はないような気もしますが、絶対にないとは言えない実例もあります。

幼い頃から飼われていた猫の相方が亡くなると、残された猫は鳴き続けて食欲がガクッと落ちたという出来事も珍しくないからです。

それが友情なのかは断言出来ませんが、少なくとも仲間を失った事で残された猫が大きなストレスを感じた事は確かなようです。

1匹で飼われるのと複数で飼われるのはどっちがいい?

これはケースバイケースです。

猫にとっては1匹で飼われていても全然寂しいという事はないですし、むしろ新しい猫に対して侵入者とみなす事もあります。

猫の性格によっても全く違ってきて、他の猫と暮らす事を好む猫というのもいます。

野生では単独生活が基本の猫ですが、ペットとして飼われていると食糧は豊富ですので複数の猫同士でも仲良く暮らしてくれる事が多いです。

それでも徹底的に他の猫と暮らす事を嫌う猫がいるのもまた事実で、そういうタイプの猫というのは他の猫と一緒に暮らす事に大きなストレスを感じます。

基本的には猫の個性にって合う合わないはあるのですが、猫の相性を見ていきたいと思います。

相性 先住猫 新入り猫
子猫 子猫
成猫 子猫
親猫 子猫
成猫オス 成猫メス
成猫メス 成猫メス
× 成猫オス 成猫オス
× 老猫 子猫

【子猫×子猫】
この組み合わせはお互いに良い遊び相手となっていく組み合わせです。
子猫は基本的に警戒心がありませんので、子猫同士は性別関係なく仲良しになるでしょう。

【成猫×子猫】
新しい猫が子猫の場合は先住の成猫は子猫を敵とはみなさないので受け入れやすい組み合わせです。

【親猫×子猫】
親猫は野生の環境だと子猫が大きくなると自立させる為に追い出してしまいますが、飼い猫であれば親子関係はずっと続きます。

【成猫オス×成猫メス】
先住猫がオスでもメスでも、そこそこ上手くいく組み合わせです。
ただ、繁殖を考えていない場合は去勢は大切です。

【成猫メス×成猫メス】
メス同士は縄張り意識が比較的強くないのでトラブルは少ない組み合わせでしょう。
仮に仲良くはならないにしても衝突するのではなく無関心でお互い干渉せずに上手く暮らしていくでしょう。

【成猫オス×成猫オス】
成猫のオス同士は縄張り意識が強く、特に若いオス同士は命がけの喧嘩をする場合があります。
また、そこまではいかなくても片方が家出したり部屋中にマーキングしたりと問題行動が続く事もあります。
必ず衝突するわけではなく、気が合えば共存はしますがなかなか難しい組み合わせです。

【老猫×子猫】
精神的に落ち着いて安定している老猫に元気いっぱいの子猫がつきまとって老猫が疲れてしまう事が多い組み合わせ。
特に長い間1匹で飼われていた老猫にはストレスが大きいので、オススメは出来ない組み合わせです。

猫の相性によっては新しい猫を迎える事によって先住猫の性格が変わってしまう事もあります。

猫の資質から言って、他の猫との関係を築くのが下手なので突然あらわれた新しい猫の存在を受け入れる事も下手です。

生活パターンが崩れるというのが大きな要因ですので、新しい猫を迎えた時は先住猫の生活を大きく変えない配慮も大切になります。

仲が悪い猫は二度と仲良くならない?

基本的には仲直りはしないと考えて。

馬が合わない猫同士というのは、基本的には仲直りするという事はありません。

特に初対面で仲が悪い場合は仲良くさせるという事は困難です。

ただ、以前は仲が良かったという場合は関係を修復出来る場合もありますが、あまり期待出来るものではありません。

猫は単独行動で寂しくないのでワザワザ仲直りする必要性も理由もないからです。

まとめ

20160818_205505
猫は猫同士で複雑な感情を抱いているので寂しいだろうと考えて無理に仲間を増やそうとすらる必要はないです。

つい人間の感覚で考えてしまいがちですが、猫には猫の気持ちがありますので何事も無理強いは禁物です。

  • この記事を書いた人

D.yu-ya

猫や犬、生き物全般が好きで猫を飼っていました。 愛猫が他界した事で現在はペットを飼っていないのですが ブログという形でペットについて書いていきたいと思い このブログをスタートしました。 不定期更新ではありますが、よろしくお願いします。

-猫の話し

Copyright© ペット情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.